▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11「デスクトップとスタートメニュー」各部名称と役割を紹介(初心者必見)

Windows 11「デスクトップとスタートメニュー」各部名称と役割を紹介(初心者必見)

Windows 11 パソコンは、電源を入れると、まず「デスクトップ」と呼ばれる画面が表示されます。すべてのパソコン作業の起点になる画面です。

デスクトップ画面にある各部位の名称や役割を覚えることは、パソコン操作の基本になります。

各部名称を覚えることによって、インターネット検索で自分の探したい事柄を調べるためのキーワードの足がかりにすることもできるようになります。

Windows 11 パソコンを初めて扱うユーザー、または Windows 11 が初めてのパソコンというユーザーさんさん向けに、本記事では「デスクトップとスタートメニュー」の各部名称と役割についてを詳しく紹介します。

今回の記事内容

今回は『Windows 11 初心者必見「デスクトップとスタートメニュー」各部名称と役割』を紹介します。

Windows 11 基本「デスクトップ」画面の各部名称と役割

Windows 11 基本「デスクトップ」画面の各部名称と役割

クリックで画像拡大

① デスクトップ パソコンを起動した時にはじめに表示される起点の画面。アプリやフォルダのウィンドウ、ショートカットを配置します。
② ショートカット アプリやファイルなどを起動するショートカットアイコンです。
③ スタートメニュー アプリを起動したり、設定操作へのアクセス、パソコンの電源操作などを行うためのメニューです。
④ 検索バー パソコン内の機能やファイルを検索したり、ここから直接インターネット検索をしたりする検索バーです。
⑤ ピン留め済み スタートメニューにピン留めしているアプリの一覧がここに表示されます。
⑥ すべてのアプリ パソコンにインストールされているすべてのアプリの一覧がここに表示されます。
⑦ おすすめ よく利用するアプリや最近使用したアプリの履歴が表示されます。
⑧ アカウントメニュー ログイン中のユーザー名とアイコンが表示されます。
⑨ 電源メニュー パソコンの電源操作。シャットダウン・スリープ・再起動を行います。
⑩ タスクバー 起動中のアプリやフォルダのアイコンが表示される場所。クリックすると起動中のアプリに切り替わります。
⑪ スタートボタン スタートメニューを表示させるためのボタンです。
⑫ 検索ボタン ④ の検索バーと同じ効果です。検索ボタンを押すと検索バーが表示されます。
⑬ タスクビュー 起動中のアプリりの一覧が表示されます。また、仮想デスクトップの作成や切り替えもここで行います。
⑭ ウィジェット ウィジェットを起動します。天気やカレンダー、ニュースなどが確認できます。
⑮ クイック設定 パソコンの音量、ネットワークの設定、IME の設定、常駐しているアプリの確認・操作などが行えます。
⑯ 通知センター 日時の確認や設定変更が行える他、カレンダーや通知を確認できます。新しい通知があると右側に通知の数だけ数字が表示されます。

あとがき

Windows 11 パソコンを利用する上で、デスクトップ画面の各部名称と役割を覚えるのは基本中の基本です。

役割を知っておくことで、スムーズなパソコン作業が行えます。

また、何かトラブルが起こって人に聞く時や、インターネットで調べ物をするときなどに、名称や役割を知っているだけでとてもスムーズに欲しい答えにたどり着けます。

Windows 11 の基本「デスクトップ」を覚えておいてくださいね。