▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 アプリ&ソフトのショートカットアイコンをデスクトップに作成する方法

Windows11について

円滑なパソコン作業を行うためには、やっぱりデスクトップによくつかうアプリやソフトのショートカットアイコンは出しておきたいところ。

なんだかんだといっても、デスクトップにアプリのショートカットアイコンがあると便利なんですよね。

Windows 11 でも過去の Windows と同じく、デスクトップにアプリのショートカットアイコンを作成することができます。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 アプリ&ソフトのショートカットアイコンをデスクトップに作成する方法」を紹介します。

デスクトップにショートカットアイコンを作成する手順

デスクトップにショートカットアイコンを作成する手順

  1. Windows 11 デスクトップにショートカットアイコンを作成する手順01
    ① タスクバーにある「スタートボタン」を押してスタートメニューを表示させます。② 右上にある「すべてのアプリ >」ボタンを押します。
  2. Windows 11 デスクトップにショートカットアイコンを作成する手順02
    パソコンにインストールされているアプリやソフトが一覧で並びます。スクロールしてデスクトップにショートカットアイコンを作成したいアプリを探します。ここではメモ帳に決めます。
  3. Windows 11 デスクトップにショートカットアイコンを作成する手順03
    ショートカットを作成したいアプリを「マウス左ボタン長押し」したままデスクトップまで移動させます(ドラッグ&ドロップ)。
  4. Windows 11 デスクトップにショートカットアイコンを作成する手順04
    デスクトップまで移動したらマウス左ボタンを離します。
  5. Windows 11 デスクトップにショートカットアイコンを作成する手順05
    すると、このように選んだアプリやソフトのショートカットアイコンがデスクトップに作成されます。

参考動画も用意しました

上で紹介したショートカットアイコン作成手順とまったく同じものを動画でも用意しました。実際にデスクトップにショートカットを作成する動作を確認したい場合はご視聴くださいね。

あとがき

Wndows 11 は、スタートメニューのすべてのアプリを経由してドラッグ&ドロップするだけで簡単にデスクトップにショートカットアイコンを作成することができます。

Windows 10 から 11 へアップグレードしたユーザーさんは、メニューレイアウトがガラッと変わって戸惑うかもしれませんが、基本的なショートカットアイコンの作成手順は同じです。

というわけで、今回は「Windows 11 アプリ&ソフトのショートカットアイコンをデスクトップに作成する方法」を紹介いたしました。