▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 無駄に広がったフォルダの項目間の余白を 10 と同じ幅に詰める方法

Windows 11 無駄に広がったフォルダの項目間の余白を 10 と同じ幅に詰める方法

Windows 11 になって変わったことのひとつなのですが、以前までの Windows のエクスプローラー(フォルダ)と比べて「項目の余白のスペースが広がったこと」があります。

Windows 11 ではフォルダ項目の余白のスペースが広がった

Windows 11 からパソコンを始めるユーザーさんは、これが当たり前になるので気にならないかもしれませんが、以前の Windows からパソコンを利用しているユーザーはこの広がった幅(余白)が結構気になるのではないでしょうか?

ぼくは大いに気になりました。

だって、項目間の余白が広くなったことでウィンドウの中に一度に表示できる情報量が少なくなってしまうのですから・・・気にならないわけがありません。

特に左側のナビゲーションウィンドウの項目間に増えた余白は致命的に使いづらい。

今までの Windows 10 と同じ項目間の幅が良いです。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 無駄に広がったフォルダの項目間の余白を 10 と同じ幅に詰める方法」を紹介しまます。

フォルダの項目間のスペースを減らして詰める設定手順

Windows 11 のエクスプローラー(フォルダ)の項目間の余白を減らして、以前までの Windows と同じ項目幅に変更する設定手順を紹介します。

  1. Windows 11 フォルダの項目間のスペースを減らして詰める設定手順01
    なんでもよいのでフォルダ(エクスプローラー)を開きます。上部タブメニューにある「表示」をクリックします。
  2. Windows 11 フォルダの項目間のスペースを減らして詰める設定手順02
    表示をクリックするとメニューが出ます。メニュー内の「コンパクトビュー」をクリックします。
  3. Windows 11 フォルダの項目間のスペースを減らして詰める設定手順03
    すると、このようにフォルダの項目間の余白が減って、以前までの Windows と同じ項目幅に切り替わります。
ここがポイント!

コンパクトビュー設定は、すべてのフォルダに適用されます。シャットダウン等で自動的に項目幅が戻ることはありません。また余白のある広い項目幅に切り替えたい場合は、コンパクトビューをクリックすれば OK。

あとがき

今回は「Windows 11 無駄に広がったフォルダの項目間の余白を 10 と同じ幅に詰める方法」を紹介しました。

ぼくのようにフォルダ項目の広い余白が気になる方はぜひ設定変更してくださいね。