▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 旧来のフォトビューアーを利用できるようにする方法

Windows 11 を導入すると画像をみるビューアーは、10 に引き続きフォトが初期設定されています。

そして、フォトは相変わらず動作が鈍い感じで重くメモリも多く消費します。

控えめな CPU とメモリが搭載されたパソコンでは画像をみるのもストレスになることもあるのではないでしょうか。

通常 Windows 11 には旧来のフォトビューアーはありません(利用できません)。

しかし、Windows 11 にアップグレード後に本記事で紹介の手順を行えば、旧来の軽い動作のフォトビューアーが普通に使えるようになります。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 旧来のフォトビューアーを利用できるようにする方法」を紹介します。

フォトのメモリ消費はなかなか多めです

Windows 11 のフォトのメモリ消費はなかなか多めです

Windows 10 や Windows 11 に初期設定されているフォトは起動するだけでも、旧来のフォトビューアーと比べて倍近くメモリを消費しています。

フォトで画像の編集でもやろうものなら 200MB 以上のメモリを消費して、なぜか編集を終らせてもフォトを一旦閉じない限り 200MB 近くのメモリを消費し続けます

フォトは低性能のパソコンほど動作が遅く重く感じてしまうというのは間違いないです。

旧来のフォトビューアーは「画像を閲覧するだけ」なら動作だけで言えば、軽くて速くて大変優秀なビューソフトだと思います。

Windows 11 でフォトビューアーを使えるようにするには?

Windows 11 で旧来のフォトビューアーを使えるようにする方法は、2つのパターンから行うことができます。

  • ① レジストリにアクセスしてフォトビューアーを呼び出す方法
  • ② フリーソフトを使ってフォトビューアーを呼び出す方法

この2パターンからフォトビューアーを復活させることができます。

まずは ① を試して、復活出来ない場合は、② のフリーソフト頼みの順で施行してみるとよいかと思います。

①レジストリを経由してフォトビューアーを復活させる手順

Windows フォトビューアー

11 でも旧来のフォトビューアー

まずは、こちらの簡単な方法を試してみてください。

こちらの手順は、フリーソフトをインストールするような手順は一切なく、配布したバッチファイルをダブルクリックするだけでフォトビューアーを復活させることができます。

※ パソコンの個体によっては、この方法でフォトビューアーが復活しない場合もあるので、復活しない場合は ② のフリーソフトでの方法をやってください。

  1. まずは「2」のリンクから「win11-photoviewer.zip」というファイルをダウンロードしてください。
  2. >win11-photoviewer.zip ダウンロード
  3. レジストリ呼び出しでフォトビューアーを復活させる手順01
    ダウンロードした「win11-photoviewer.zip」は圧縮された zip ファイルなので解凍してください。
  4. レジストリ呼び出しでフォトビューアーを復活させる手順02
    zip ファイルを解凍すると「win11-photoviewer.reg」というファイルが表示されます。この「win11-photoviewer.reg」をダブルクリックしてください。
  5. レジストリ呼び出しでフォトビューアーを復活させる手順03
    「はい」を押します。
  6. レジストリ呼び出しでフォトビューアーを復活させる手順04
    こちらも「はい」を押します。
  7. レジストリ呼び出しでフォトビューアーを復活させる手順05
    「OK」を押します。
  8. レジストリ呼び出しでフォトビューアーを復活させる手順06
    これで画像を表示するアプリのプログラムの候補に、今まで無かった「Windows フォトビューアー」が表示されて選択できるようになります。
ここがポイント!

フォトビューアーを呼び出すためのプログラムをレジストリに手作業で入力するのはとても大変です。上で配布している「win11-photoviewer.reg」は、その作業をダブルクリックだけで出来るように、ぼくがメモ帳で作成したものを配布しています。自動で動く簡略化ファイルで特に危険はありません。安心して使ってください。

注意

上述しましたが、個体によっては、この方法で Windows フォトビューアーが復活しないパソコンもあります。その場合は次の ②「フリーソフトで復活する」方法を試してください。

②フォトビューアーをフリーソフトで復活させる手順

Windows 11 でフォトビューアーを復活させるフリーソフト

Windows 11 でフォトビューアーを復活させるフリーソフト

Windows 11 でも旧来のフォトビューアー

Windows 11 でも旧来のフォトビューアーを使えるようにするには、フリーソフト「Restore Windows Photo Viewer to Windows 11/10」を使います。

Restore Windows Photo Viewer to Windows 11/10 はフリーソフトなので、もちろん誰でも無料で利用することができます。

ここがポイント!

このフリーソフトの仕組みは、フリーソフトで無理矢理フォトビューアーの機能を加えるのではなく、Windows 11 OS の奥深くに眠っているフォトビューアーのプログラムを呼び出して使えるようにするというだけの簡単な仕組みです。

Restore Windows Photo Viewer のインストール手順

  1. まずは、こちらの「Restore Windows Photo Viewer to Windows 11/10」ダウンロードページ にアクセスします。
  2. Restore Windows Photo Viewer のインストール手順01
    ダウンロードページの「Download Now」リンクをクリックして、インストーラーファイルをダウンロードします。
  3. Restore Windows Photo Viewer のインストール手順02
    ダウンロードされたインストーラー「RestoreWindowsPhotoViewerSetup.exe」をダブルクリックで起動させます。
  4. Restore Windows Photo Viewer のインストール手順03
    こちらの警告がでますが、安全上には特に問題はありません。フリーソフトではたまに出ます。「詳細情報」をクリックします。
  5. Restore Windows Photo Viewer のインストール手順04
    「実行」ボタンが表示されるので押します。
  6. Restore Windows Photo Viewer のインストール手順05
    インストーラーはすべて英語ですが、特に怪しい抱き合わせソフトのチェックもありませんし、至って安全健全なフリーソフトです。「Next」ボタンを押します。
  7. Restore Windows Photo Viewer のインストール手順
    「Next」ボタンを押します。
  8. Restore Windows Photo Viewer のインストール手順07
    「Next」ボタンを押します。
  9. Restore Windows Photo Viewer のインストール手順08
    Create a desktop icon にチェックが付いていて OK。「Next」ボタンをおします。
  10. Restore Windows Photo Viewer のインストール手順09
    「Install」ボタンを押したらインストールが始まります。
  11. Restore Windows Photo Viewer to Windows 11/10 アイコン
    デスクトップに Restore Windows Photo Viewer to Windows 11/10 を実行するためのショートカットアイコンが表示されます。

Restore Windows Photo Viewer の設定手順

Windows 11 で旧来のフォトビューアーが使えるように Restore Windows Photo Viewer を設定する手順の紹介です。

  1. Restore Windows Photo Viewer の設定手順01
    「Restore Windows Photo Viewer」アイコンをマウス「右クリック」します。メニューが表示されたら「管理者として実行」を押して起動します。
  2. RRestore Windows Photo Viewer の設定手順02
    ①:全てにチェックを入れます。②:こちらにチェックをいれます。
  3. Restore Windows Photo Viewer の設定手順03
    左下の「Restore Windows Photo Viewwer」ボタンを押します。「この Windows にフォトビューアーをデフォルトアプリに追加した」とポップアップがでますので「OK」ボタンを押します。
  4. Restore Windows Photo Viewer の設定手順04
    「Exit」ボタンを押します。
  5. Restore Windows Photo Viewer の設定手順05
    別のアプリ宣伝のための PDF を見ますか?とでるので「いいえ」ボタンを押します。Restore Windows Photo Viewer が閉じます。
  6. これで Windows 11 で旧来のフォトビューアーが使えるようになりました。

旧来のフォトビューアーを既定のビューアーに設定する手順

Windows 11 では、既定の画像ビューアーの設定は、拡張子ごとに設定しなければいけなくなりました。Windows 10 とは既定のビューアーの設定方法が異なります。

  1. 旧来のフォトビューアーを既定のビューアーに設定する手順01
    閲覧したい画像をマウス左クリック1回で選択してから右クリックします。右クリックメニューが表示されるので「プログラムから開く」にマウスカーソルを合わせると追加メニューが表示されます。「別のプログラムを選択」をクリックします。
  2. 旧来のフォトビューアーを既定のビューアーに設定する手順02
    既定のアプリがフォトに設定されています。その他のオプションをスクロールします。
  3. 旧来のフォトビューアーを既定のビューアーに設定する手順03
    「Windows フォトビューアー」を選択して「常にこのアプリを使って .jpg ファイルを開く」いチェックして「OK」を押します。
  4. 旧来のフォトビューアーを既定のビューアーに設定する手順04
    これですべての jpg 画像を閲覧する時は常にフォトビューアーで開くようになります。一度設定したらすべての同種類の画像で既定のビューアーとして設定されます。
ここがポイント!

画像の拡張子は、jpg の他にも gif や png などの種類があります。画像の種類ごとに上記の設定をして既定のビューアーに設定してあげる必要があります。画像を閲覧したらフォトが開いてしまう場合は都度設定してあげてください。

フォトビューアーが重くて動作が遅くなった時の解消方法

もし、フォトビューアーが突然重くなって動作が遅くなった時には、以下の別記事で紹介している手順を行うと解消されます。

あとがき

Windows 11 になっても初期設定の画像ビューアー「フォト」は重くてメモリ食いのままでした。やっぱりフォトは使い勝手が悪いですね・・・。

本記事の手順を行えば、Windows 11 でも旧来のフォトビューアーが使えるようになります。旧来のフォトビューアーを利用したい方はお試しください。