▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 中央のタスクバーアイコンの位置を左側に設定する方法

Windows 11 中央のタスクバーアイコンの位置を左側に設定する方法

Windows 11 のタスクバーアイコンは、Windows 10 までのシリーズと異なり中央に配置されています。

Windows 11 のタスクバーアイコンは中央配置

慣れればどうってことは無いのかもしれませんが、長年 Windows を使ってきて染み付いた「タスクバーアイコンは左側」という固定観念が大きな違和感を与えてきます。

このタスクバーアイコンはの位置は、設定から正規に調整できるので、ぼくのように違和感があるユーザーさんは、我慢しないで左側に寄せてしまって良いと思います。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 中央のタスクバーアイコンの位置を左側に設定する方法」を紹介します。

中央配置のタスクバーアイコンを左配置に変更する手順

  1. Windows 11 タスクバーの設定
    タスクバーの何もない部分にマウスカーソルを合わせて「右クリック」します。「タスクバーの設定」が表示されるので、それをクリックします。
  2. 中央配置のタスクバーアイコンを左配置に変更する手順01
    「個人用設定 > タスクバー」が表示されます。「タスクバーの動作」という項目があるのでクリックします。
  3. 中央配置のタスクバーアイコンを左配置に変更する手順02
    「タスクバーの配置」が「中央揃え」になっています。「中央揃え」部分をクリックします。
  4. 中央配置のタスクバーアイコンを左配置に変更する手順03
    「左揃え」があるのでクリックして、タスクバーの動作を「左揃え」に変更します。
  5. Windows 11 タスクバーアイコンを左揃えに変更
    タスクバーを確認すると、このようにタスクバーアイコンが左揃え(左側)に表示されるようになります。設定を変更しない限り以後ずっと左揃えのままです。

動画を用意しました

上の手順とまったく同じ紹介を動画でも用意しました。

あとがき

冒頭でも書きましたが、ぼくのように「タスクバーアイコンは左側」という固定観念がこびりついてしまっているユーザーさんは、タスクバーアイコンが中央にあるとなかなか気持ちが悪いのではないでしょうか?

タスクバーアイコンを左揃えにする方法は、タスクバーの設定から簡単に行なえますので、違和感バリバリな方はぜひ左揃えに変更しちゃってくださいね。