▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 にアップグレードせず 10 を継続する時の処理方法を紹介します

Windows 11 にアップグレードせず 10 を継続する時の処理方法を紹介します

先日、「あせって Windows 11 へアップグレードしなくても大丈夫です」という記事を掲載しました。Windows 10 をまだ継続して使いたいユーザーはそのまま使って問題ないですよ~っていう内容の記事。

Windows 11 へアップグレードできるパソコンでは、様々にアプローチをしてきます。

Windows11 へのアップグレードの準備ができました

例えば上の画像のような感じ。タスクバーの通知でポップアップしてきたりもします。

Windows 10 を継続して利用するつもりなのに、作業中に 11 のポップアップが出てくるのもうざいですし、何より誤ってアップグレードしてしまっても厄介です。

今回の記事内容

今回は「利用中のパソコンを Windows 11 にアップグレードせず Windows 10 を継続する時の処理方法」を紹介します。

Windows 10 を継続利用する場合はこの処理をしておこう

  1. Windows 10 を継続利用する場合はこの処理をしておこう01
    スタートボタンを押して出るスタートメニューの歯車アイコン「設定」をクリックします。
  2. Windows 10 を継続利用する場合はこの処理をしておこう02
    Windows の設定が起動します。「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. Windows 10 を継続利用する場合はこの処理をしておこう03
    Windows 11 へのアップグレード対象パソコンであれば、画像のように「Windows 11 へのアップグレードの準備ができました」と表示されています。ダウンロードしてインストールボタンの下にある「今は Windows 10 の使用を継続します」をクリックします。
  4. Windows 10 を継続利用する場合はこの処理をしておこう04
    「Windows 11 の準備する(再審査状態)」に切り替わります。この状態になると、Windows Update は利用中のパソコンが Windows 11 に対応しているのかわからなくなるので、タスクバーなどに余計なアップグレード通知を出さなくなります。間違ってアップグレードボタンを押す心配もなくなるわけです。
Windows 11 にアップグレードしたくなった時は

Windows 11 にアップグレードしたくなった時は

 

そろそろ Windows 11 にアップグレードしたくなった時には、Windows 11 の準備をするの右側にある「ハードウェア要件を確認する」をクリックして(ブラウザが開く)、しばらく待っていると・・・

 

Windows 11 にアップグレードしたくなった時は02

 

またこちらの「Windows 11 へのアップグレードの準備ができました」に戻るので、「ダウンロードしてインストール」ボタンを押せば Windows 11 へアップグレードできます。

あとがき

今のところ Windows 10 を継続して利用する予定であれば、本記事の手順で Windows 11 のアップグレードを再審査の状態に戻す処理を行ってみてください。

余計なうざったい通知が出ないようにすることができます。誤ってアップグレードボタンを押してしまうことも防げます。

というわけで、今回は「利用中のパソコンを Windows 11 にアップグレードせず Windows 10 を継続する時の処理方法」を紹介いたしました。