▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

あせって Windows 11 へアップグレードしなくても大丈夫です

2021年10月5日に Windows 11 がリリースされ、条件を満たしている Windows 10 パソコンは無償で Windows 11 へアップグレードできるようになりました。

ただ、だからといってすぐにでも Windows 11 にアップグレードしなければいけないということではありません。

Windows 10 自体のサポートはまだもうしばらく続きますし、Windows 11 への無償アップグレードには期間・期限が設定されていないからです。

今回の記事内容

今回は「あせって Windows 11 へアップグレードしなくても大丈夫です」という内容でお送りします。

あせって Windows 11 へアップグレードしなくても大丈夫

Windows 11 へのアップグレードの準備ができました

そろそろ条件を満たした Windows 10 パソコンの Windows Update には「Window 11 へのアップグレードの準備ができました…」の通知が届いている頃だと思います。

タスクバーの通知エリアにもアピールしてきますよね。

ただ、Windows Update が Windows 11 へのアップグレードを強力にプッシュして勧めてきても「あせって Windows 11 へアップグレードしなくても大丈夫」です。

その理由は次の項目から。

Windows 10 のサポート期間はまだもう少し続きます

About Windows 10

Windows 10 のサポートは「2025年10月14日」まで継続します

Windows 10 のサポート期間は「2025年10月14日」まで続きます。まだあともうしばらく 10 を利用できるということです。

期限いっぱい Windows 10 を使って新しいパソコンに買い換えるのでも良いですし、途中で Windows 11 へアップグレードしても良いのです。

猶予期間内で自分のタイミングで切り替えれば良いというわけです。

まあ、2025年まで 10 を使うなら PC 買い替えになるでしょうけど。

兎にも角にも今すぐ Windows 11 へアップグレードしなければならないということではありませんので安心してください。

Windows 11 無償アップグレードに期限は設定されていない

Windows11について

Windows 11 では無償アップグレードに今のところ期限は設定されていない

Windows 10 では無償アップグレード期間は1年間という期限が設けられていましたが、Windows 11 の無償アップグレードには、今のところ期限は設定されていません。

条件を満たしている Windows 10 パソコンであれば、いつでも Windows 11 へ無償アップグレードすることができます。

したがって、Windows 10 のサポート期間内であれば、自分のタイミングで Windows 11 へアップグレードすることができます。

アップグレードの期限については、一応 Microsoft サポートにも問い合わせて確認してみましたので、確かな情報として掲載しておきます。

キタムラ

Microsoft サポートに問い合わせ01

Microsoft サポート

Microsoft サポートに問い合わせ02

という回答を Microsoft サポートからいただきました。

ただ「現時点では」ということなので、今後はもしかしたら期限が設けられるかもしません。そこは Microsoft の情報を定期的にチェックしてみてください。

現状 Windows 11 無償アップグレード期間に期限はありません。

2022年9月 追記

無償アップグレードが2022年10月5日までになる可能性

 

Microsoft 公式の Windows 11 無償アップグレード方法のページに以下のことが明記されています。

2022 年 10 月 5 日以降はアップグレードが有料化される可能性もある

 

今のところはまだ無償アップグレードの期間ですし、無償アップグレードの終了の告知は流れていませんが「可能性もあるため」と、なんともオブラートに包まれた表現。終了するかもしれないし~しないかもしれない~…みたいな。

 

いずれは Windows 11 に…という方は気に留めておいてください。

 

Windows 11 にアップグレードしても 10 へ簡単に戻せます

Windows 10 への復元の特徴

アップグレードから10日以内であれば Windows 10 へ戻せます

Windows 11 へアップグレードしても、アップグレードから10日以内であれば、Windows 10 へ簡単に戻すことができます。

Windows 10 へ戻す際には、Windows 11 へアップグレードした時の Windows 10 の状態へ復元されます。タイムマシンで戻るイメージでしょうか。

Windows 10 では動いていたソフトが 11 でちゃんと動くのか不安・・・そんな場合は一度アップグレードを試してみて、動けばそのまま 11で、ダメなら 10 に戻すといいうようなお試しをしても良いと思います。

Windows 10 への戻し方は、以下の記事でわかりやすく紹介しています。

Windows 10 を継続して利用する場合に必ず行うべきこと

Windows 10 を継続利用する場合はこの処理をしておこう03

Windows 11 へアップグレードせずに、そのまま Windows 10 を継続して使う場合は、以下の別記事で詳しく紹介している処置を必ずほどこしてください。

この処置をほどこしておかないと、今後 Windows 10 の重要なアップデートの更新プログラムの通知を適切に受け取れない恐れがあります。

あとがき

まだ Windows 11 はリリースされたばかりですし、Windows 10 もサポート期間は続きます。あせって Windows 11 にすることはないと思います。

ただ、今後は Windows 11 が主流になっていくことは明白なので、早めに慣れておくことは大事だと思います。そのあたりのことを踏まえてアップグレードを考えてみると良いのではないでしょうか。

また、購入してからすでに何年も経っている古い PC であれば、快適な PC 作業のためにも、これを機に Windows 11 搭載モデルに買い替えてもよいかもしれません。

というわけで、今回は「あせって Windows 11 へアップグレードしなくても大丈夫です」という内容でお送りいたしました。