▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Windows 11 PC を買ったらディスプレイの表示サイズを設定調整しよう(スケーリング調整)

windows 11 関連の記事

新しいノート PC を買ったら、またはモニターを買ったら「画面のテキストやアイコンが小っちゃすぎる!見づらいし作業しづらい…」これ本当によく聞きます。

最近のディスプレイは高解像化が進んで、パソコンディスプレイの作業領域がより広くなりました。しかし、高解像度のまま使うとテキストやアイコンなどが細かく表示されてしまうというデメリットが発生します。

画面のテキストなどが細かくても作業領域が広い方が良いというユーザーさんはそのまま利用すれば良いと思いますが、多くのユーザーさんはそうではないと思います。

多くのユーザーさんは、「広い作業領域は魅力ではあるが、画面表示が見やすい方を取る」のではないでしょうか?

そちらの方が目が疲れにくいし断然作業しやすいでしょうから。

Windows 11 には、画面の精細さをそれなりに確保しながら画面を拡大縮小表示させる「スケーリング」という機能が搭載されています

Windows 11 パソコン(特にディスプレイが小さいノート PC)を導入したら早い段階で見やすく作業しやすい画面表示サイズに調整したほうが良いのです。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 PC を買ったあとの設定。ディスプレイの表示サイズを設定調整する方法(スケーリング調整)」を紹介します。

Windows 11 のディスプレイ表示サイズ変更の手順

ディスプレイの画面表示サイズを変更することを「画面のスケーリング」といいます。

スケーリングとは、画面(面積)を拡大縮小する意味を持つ英単語です。

  1. Windows 11 のディスプレイ表示サイズ変更の手順01
    デスクトップ画面のなにもないところをマウス「右クリック」してメニューを表示させます。メニュー内の「ディスプレイ設定」を選択します。
  2. Windows 11 のディスプレイ表示サイズ変更の手順02
    設定が起動して、システム項目の「ディスプレイ」が表示されるので、少し下へスクロールします。
  3. Windows 11 のディスプレイ表示サイズ変更の手順03
    拡大縮小とレイアウト項目に「拡大/縮小」があります。ここが「100%(推奨)」や「150%(推奨)」のように表示されていると思います。ここをクリックします。
  4. Windows 11 のディスプレイ表示サイズ変更の手順04
    クリックすると選択できる画面スケールのパーセント数値が表示されます。自分が見やすいと思う画面表示サイズを選んでクリックしてください。
  5. 数値をクリックしたあとは設定が自動保存されます。これで画面表示サイズの設定は完了です。
ここがポイント!

ディスプレイの解像度は基本的に使わない

 

並びに似たような設定で「ディスプレイの解像度」がありますが、ここは基本的に変更しません。「推奨」のままにしておいてください。こちらを変更して表示の拡大をするとテキストやアイコンがガビガビの見づらい感じで拡大されてしまいます。

 

なぜなら、拡大/縮小は「相対値」でのサイズ調整になり、ディスプレイの解像度は「絶対値」でのサイズ調整になるからです。

 

相対値は拡大に合わせてテキストやアイコンなども見やすく柔軟に拡大されるのに対して、絶対値は拡大に合わせないでテキストやアイコンなどを強引に引き伸ばして拡大するだけなので、ただ荒くなって見づらいだけとなります。

ちょうど良い画面表示スケールに調整するための目安を紹介

ちょうど良い画面表示サイズって、大元になっているディスプレイの大きさによります。

特に大元のディスプレイが小さいノート PC は、画面表示サイズの設定が必要になるユーザーさんが多いと思うので目安を紹介します。

ノート PC に丁度良いサイズは 1400px~1600px 相当ぐらい

ノート PC に丁度良いサイズは 1400px~1600px 相当ぐらい

画面表示のサイズを変更するには、拡大/縮小から任意の数値を選択して自分の見やすい画面表示サイズになるものに決めます。

ノート PC はディスプレイの大きさが 13~15.6 インチぐらいとディスプレイ自体が小さいです。ノート PC の画面では 1920 × 1080px(フルHD)だってテキストが細かすぎるんじゃないでしょうか?

ここがポイント!

ノート PC のディスプレイは「1400px ~ 1600px 相当」になるよう設定すると、テキストやアイコンサイズなども細かくなりすぎず作業しやすくなっておすすめです。

 

※ もちろん「目が疲れないよ! 字が細かくても広い作業スペースが第一だっ!」という方は 100% のフルサイズで利用すれば良いと思います。

以下で元の解像度から表示スケール変更をした場合の見え方(数値例)を紹介します。

現在の解像度から表示スケールを調整した際の相当解像度

解像度が 1920 x 1080(フルHD)パソコンの場合

元の解像度 表示スケール(%) 調整後(見え方)
1920 x 1080 125% 1536 x 864 相当
1920 x 1080 150% 1280 x 720 相当
1920 x 1080 200% 960 x 540 相当

解像度が 2560 x 1440(WQHD)パソコンの場合

元の解像度 表示スケール(%) 調整後(見え方)
2560 x 1440 125% 2048 x 1152 相当
2560 x 1440 150% 1706 x 960 相当
2560 x 1440 175% 1462 x 822 相当
2560 x 1440 200% 1280 x 720 相当

解像度が 3840 x 2160(4K)パソコンの場合

元の解像度 表示スケール(%) 調整後(見え方)
3840 x 2160 150% 2560 x 1440 相当
3840 x 2160 175% 2194 x 1234 相当
3840 x 2160 200% 1920 x 1080 相当
3840 x 2160 225% 1706 x 960 相当

表示スケールの計算式

元の解像度 ÷ 表示スケール(%)=調整後(実際の画面表示)

スケーリングの計算式は至って簡単なので、上で紹介した解像度以外の数値がある場合は電卓で計算してみてください。

あとがき

ぼくはまだ老眼が来てはおりませんが、それでも高解像度のパソコンディスプレイを 100% で利用するとテキストが細かすぎてとても作業ができません。目が疲れてすぐに眼精疲労の頭痛などで苦しむことになります。

拡大/縮小の設定から画面表示スケールを変更しても、もともとの高解像度ディスプレイのポテンシャルは変わりません。写真や動画編集などは美しい画面でそのまま行えるので安心してください。

Windows 11 パソコンを導入したら、まずやらなければならない設定のひとつがこの「画面表示サイズの調整」となるので、ぜひぜひお忘れなきよう。