▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 仮想デスクトップ毎に違う壁紙画像を設定する方法

Windows 11 仮想デスクトップ毎に違う壁紙画像を設定する方法

Windows 10 から導入された仮想デスクトップ。仮想デスクトップ毎に違う壁紙画像を設定するには 10 の場合はフリーソフトやストアアプリを使わなければできませんでした。

Windows 11 では 標準搭載の機能だけで仮想デスクトップ毎に違う壁紙画像を設定できるようになりました。

仮想デスクトップごとに異なる壁紙画像が設定されていれば、現在どの仮想デスクトップを表示しているのか一目瞭然で視認しやすくなり作業効率が向上します。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 仮想デスクトップごとに異なる壁紙画像を設定する方法」を紹介します。

仮想デスクトップ毎に違う壁紙画像を設定する手順

Windows 11 仮想デスクトップ

本手順は、利用中の Windows 11 パソコンに仮想デスクトップがすでに作成されていることが前提となります。

仮想デスクトップが作成されていないと、以下の設定メニューが表示されないので注意してくださいね。

  1. 仮想デスクトップ毎に違う壁紙を設定する手順01
    デスクトップの何もない部分をマウス「右クリック」します。メニュー内の「個人用設定」をクリックします。
  2. 仮想デスクトップ毎に違う壁紙を設定する手順02
    設定が起動します。「背景」をクリックします。
  3. 仮想デスクトップ毎に違う壁紙を設定する手順03
    仮想デスクトップに設定したい画像をマウス「右クリック」してください。 ※設定したい画像がない場合は、下の写真の選択の「写真を参照」から呼び出してくださいね。
  4. 仮想デスクトップ毎に違う壁紙を設定する手順04
    設定したい画像を右クリックするとメニューが出ます。「デスクトップ用に設定する」にマウスカーソルを合わせると、追加メニュー「デスクトップの選択」が表示されます。ここでは「デスクトップ 2」を選択します。
  5. 仮想デスクトップ毎に違う壁紙を設定する手順05
    タスクビューで仮想デスクトップを確認すると、デスクトップ 2 の壁紙画像が変更されています。
  6. 仮想デスクトップ毎に違う壁紙を設定する手順06
    実際にデスクトップ 2 へ切り替えてみると、壁紙画像がデスクトップ 1 とは別の「4」で設定したものへ変更されていることが確認できました。
ここがポイント!

「4」の「デスクトップの選択」は、作成した仮想デスクトップの数だけ増えます。例えば仮想デスクトップが4つなら「デスクトップ 1~4」まで選択肢が表示されます。

あとがき

仮想デスクトップを使いこなせば、ディスプレイがひとつだけでも広い作業領域を確保することができます。

しかし、Windows 11 は仮想デスクトップに切り替えても、デスクトップ上やタスクバーには現在どの仮想デスクトップが表示されているのか? 表記はありません。

しかし、仮想デスクトップ毎に異なる壁紙を設定することで、今どの仮想デスクトップが表示されているのかが一目瞭然で確認できるようになり、使い勝手が良くなります。

特にアプリやフリーソフトを追加することなく、Windows 11 搭載の標準機能だけで設定できるので、ぜひぜひお試しくださいね。