▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 マルチディスプレイでモニターごとに違う壁紙画像を設定する方法

Windows 11 マルチディスプレイでモニターごとに違う壁紙画像を設定する方法

Windows 11 で2画面・3画面と複数のモニターを利用していて、モニターごとに異なる壁紙(背景画像)を設定したいユーザーさんって多いと思います。

PCモニターごとに違う壁紙画像

Windows 11 では、マルチディスプレイでのモニターごとに異なる壁紙画像を設定するには、ちょっとした条件を満たしている必要があります。

条件を満たしていなければ、複数モニターごとに違う壁紙画像に設定はできず、すべてのモニターで同じ壁紙画像になってしまうのです。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 マルチディスプレイでモニターごとに違う壁紙画像を設定するための条件とは?マルチディスプレイで異なる背景画像を設定する方法」を紹介します。

マルチディスプレイで異なる壁紙を設定するための条件とは

Windows 11 で複数モニターを利用している場合、モニターごとに異なる壁紙画像を設定する条件は・・・

仮想デスクトップを作成していないこと!

です。

マルチディスプレイで異なる壁紙を設定するための条件

仮想デスクトップが作成されているダメ

上の画像のように Windows 11 パソコンに仮想デスクトップが作成されていると、モニターごとの壁紙設定機能は「仮想デスクトップごとの壁紙設定機能」に切り替わってしまうため、条件を満たさなくなってしまうのです。

マルチディスプレイで異なる壁紙を設定するための条件02

このように、仮想デスクトップが作成されておらず、デスクトップがひとつだけの状態であれば、マルチディスプレイでモニターごとの違う壁紙画像の設定ができます。

Windows 11 モニターごとに異なる壁紙画像を設定する手順

マルチディスプレイで異なる壁紙を設定するための条件02

前準備として、仮想デスクトップが作成されていないことを確認してから、以下の手順でモニターごとに壁紙画像を設定します。

  1. Windows 11 モニターごとに異なる壁紙画像を設定する手順01
    デスクトップ画面の何もないところをマウス「右クリック」してメニューを出します。メニュー内の「個人用設定」を選択します。
  2. Windows 11 モニターごとに異なる壁紙画像を設定する手順02
    「背景」をクリックします。
  3. Windows 11 モニターごとに異なる壁紙画像を設定する手順03
    ①「最近使った画像」に設定したい背景画像がなければ、②「写真を参照」から PC 内の画像を選んで一旦最近使った画像に一覧表示されるようにしてください。
  4. Windows 11 モニターごとに異なる壁紙画像を設定する手順04
    最近使った画像の一覧ある壁紙に設定したい画像にマウスカーソルを合わせて「右クリック」します。メニューが出ます。「モニター○ に設定」とモニターの数だけメニュー項目があります(ぼくの PC は3画面なのでモニター3 まであります)。選んだ画像を壁紙にしたいモニターを選択してください。
  5. 「5」の設定をモニターの数だけ繰り返します。全てのモニターに画像が設定し終えたら、モニターごとに異なる壁紙画像の設定は完了です。
ここがポイント!

Windows 11 モニターごとに異なる壁紙画像を設定する手順05

 

もし、仮想デスクトップを作成してしまっていると、「4」の「モニター○に設定」が「デスクトップ○」と変更されて、仮想デスクトップごとに異なる壁紙画像を設定するモードに切り替わってしまいます。

あとがき

Windows 11 は、仮想デスクトップの有無で、複数モニターのモニターごとに異なる壁紙画像が設定できるかどうかを左右されます。

なぜこのような縛り仕様にしてしまったのか・・・残念でなりませんが・・・

マルチディスプレイを使うユーザーは仮想デスクトップを使わない! シングルデスクトップのユーザーだからこそ仮想デスクトップを使う!!

という Microsoft 側の判断なのかな?

というわけで、もし、2画面・3画面とマルチディスプレイを利用していて、モニターごとに違う壁紙画像にしたい方は、仮想デスクトップが無い状態で本記事の設定を行えば簡単に設定できます。お試しくださいね!