▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

【重要】Windows 11 を導入したら必ず「復元ポイントの作成」を有効化しよう

Windows11について

Windows 11 パソコンがウイルスにやられたり、OS の破損等の深刻なエラーに見舞われたときに、パソコンが快適に動いていた状態に戻すことができるかもしれない、Windows 11 のお助け機能が「復元ポイントからの回復」機能です。

新しく購入したパソコンや初期化したパソコンは「復元ポイント」を作成するための機能が無効になっていることが多いので、一度チェックしてみましょう。

そして、復元ポイントの作成機能が無効であれば有効化してください。

これ超重要です!

今回の記事内容

今回は『【超重要です】Windows 11 を導入したら必ずおこなうべき「復元ポイントの作成」機能を有効化する手順』を紹介します。

復元ポイントとは?

復元ポイントの作成とは?

復元ポイントとは、パソコンがウイルスにやられてしまったり、不具合が起こってパソコンの動作がおかしくなったときに、パソコンが問題なく動いていた時の状態にシステムを巻き戻すことができる Windows 11 標準搭載の自浄機能です。

復元ポイントの作成機能は、パソコンの初期状態だと「無効」になっています

パソコンの「復元ポイント作成」機能を有効にすることで、パソコンが問題なく動いていた状態のシステムを「復元ポイント」という形式で定期的に自動保存してくれるようになります。

ここがポイント!

復元ポイントは、とにかくパソコンの動きがおかしくなったときに、復元ポイントでの回復を行うことで、おかしくなる前の状態にシステムを戻す…という機能です。

「復元ポイントの作成」機能を有効化する手順

まずは復元ポイントの作成機能の有効無効をチェックしよう

  1. まずは復元ポイントの作成機能の有効無効をチェックしよう01
    まずは、タスクバーの「検索」アイコンをクリックします。
  2. まずは復元ポイントの作成機能の有効無効をチェックしよう02
    検索バーに「復元ポイントの作成」と入力したら、最も一致する検索結果に「復元ポイントの作成」が表示されるので、それをクリックします。
  3. まずは復元ポイントの作成機能の有効無効をチェックしよう03
    システムのプロパティが表示されます。保護設定項目のローカルディスク(C;) の保護が「無効」であれば有効化する必要があるので、次の復元ポイント作成を有効する手順につづきます。もし「有効」であれば特に問題ないのでウィンドウを閉じてください。

復元ポイント作成を「有効」にする手順

上の手順「3」で復元ポイントの作成が「無効」だった場合は、以下の設定をして「有効」にしてください。

  1. 復元ポイント作成を「有効」にする手順01
    「構成」ボタンを押します。
  2. 復元ポイント作成を「有効」にする手順02
    「システムの保護を有効にする」にチェックいれてください。続いて「最大使用量」のゲージを動かします。最大使用量の GB がそのまま復元ポイントの保存容量となります。5GB~10GB の間で設定するのがおすすめです。
ここがポイント!

「2」の復元ポイントの最大使用量が多いほど、より長い期間の分の復元ポイントが保存されます。設定した容量がいっぱいになると古い復元ポイントから順に削除されていきます。5GB~10GB ぐらいを設定しておくと安心です。

作成した復元ポイントからシステムの復元をする手順

本記事の設定で作成した復元ポイントを使用して、PC が正常に動いていた状態に戻すことを「システムの復元」といいます。

作成した復元ポイントからシステムの復元をする手順は、以下の別記事にて詳しく紹介していますので参考にしてください。

復元ポイントの作成の有効化は超重要です

今回は、Windows 11 の「復元ポイント作成」機能を有効にする手順を紹介しました。

パソコンに何か深刻なトラブルが起こった時には、復元ポイントを作成していれば、すぐに復旧できて助かることが大いにあります。

逆に、復元ポイントさえしっかり作成しておかなかったばかりに、パソコンを初期化する羽目になってしまった・・・ということも往々にしてあります。

Windows 11 パソコンを使うなら、復元ポイントの作成の有効化は重要な設定になるので、忘れずに有効化してくださいね。大事です!