▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 タスクバーのアイコンを整理してよく使うアプリの追加をしよう

Windows 11 パソコンの初期セットアップが終わって、利用する様々なアプリがインストールし終わったら、タスクバーの整理をしてパソコン作業の使い勝手を向上させましょう!

Windows 11 のタスクバー

タスクバーはパソコン作業をしているときに常に表示されています。その名称の通り「タスクバー=作業のための帯」で、パソコン作業の効率化のためにあります。

よく使うアプリを設置しておくと、それらのアプリにアクセスしやすくなり、パソコン作業の効率化、使い勝手の向上につながります。

タスクバーを有効活用することは、Windows 11 パソコンをうまく使うための第一歩。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 タスクバーのアイコンを整理する手順・タスクバーにアプリのアイコンを追加削除(ピン留め)する手順」を紹介します。

タスクバーには「撤去不可・撤去可」のアイコンがある

タスクバーには「撤去不可・撤去可」のアイコンがある

タスクバーには「撤去できるアイコン」と「撤去できないアイコン」があります。

Windows アイコンの「スタートボタン」は撤去することができません。どんなときでも決まった定位置にあるのがスタートボタンです。

撤去できるアイコンは2パターンあって、①~④ のアイコンは特殊な方法「タスクバーの設定」から表示・非表示を調整します。

⑤~⑦ のようなアプリアイコンは、簡単な方法「ピン留めを外す」から撤去できます。

タスクバーの設定から表示・非表示の調整をするアイコン

タスクバーの設定から撤去しないといけないアイコン

タスクバーにある「ウィジェット / 検索 / タスクビュー / チャット」の4つのアイコンはタスクバーの設定から表示・非表示の調整を行います。

特にウィジェットとチャットは利用しないユーザーが結構いるんじゃないでしょうか?

ぼくはその2つは利用しないのでタスクバーから撤去しちゃっています。

使わないものを表示しているのは無駄なので、利用しない方は撤去しちゃいましょう。

以下「ウィジェット / 検索 / タスクビュー / チャット」アイコンを撤去する手順です。

  1. 「ウィジェット / 検索 / タスクビュー / チャット」アイコンを撤去する手順01
    タスクバーの何もないところをマウス「右ボタンクリック」すると「タスクバーの設定」が表示されます。それを選択します。
  2. 「ウィジェット / 検索 / タスクビュー / チャット」アイコンを撤去する手順02
    タスクバーの項目に「ウィジェット / 検索 / タスクビュー / チャット」各アイコンを表示・非表示にするスイッチがあります。
  3. 「ウィジェット / 検索 / タスクビュー / チャット」アイコンを撤去する手順03
    スイッチをオフにすると、対応したアイコンがタスクバーから撤去されます。オンにすると再表示されます。ここではウィジェットとチャットをオフにしてみました。タスクバーからアイコンが消えたのが確認できますね。

タスクバーにアプリのアイコンを追加・削除する手順

パソコンに初めからインストールされているアプリや後から自分でインストールしたアプリのアイコンをタスクバーに追加・削除する手順です。

追加と削除を Windows の用語で「ピン留めする」と「ピン留めを外す」といいます。

タスクバーにアプリアイコンを追加する手順(ピン留めする)

  1. タスクバーにアプリアイコンを追加する手順01
    スタートボタンをクリックするとスタートメニューが表示されます。スタートメニュー内の「すべてのアプリ」をクリックします。
  2. タスクバーにアプリアイコンを追加する手順02
    パソコンにインストールされているすべてのアプリが一覧表示されます。タスクバーにアイコン表示させたいアプリを探して、マウス「右ボタンクリック」します。メニューが表示されるので「詳細」▶「タスクバーにピン留めする」の順番でクリックします。
  3. タスクバーにアプリアイコンを追加する手順03
    タスクバーにアイコンが表示(ピン留め)されました。
  4. タスクバーにアプリアイコンを追加する手順04
    タスクバーにピン留めしたアプリアイコンはマウスのドラッグ&ドロップで左右にある程度自由に位置変更できます(スタートボタン / 検索 / タスクビュー / チャット の場所への入れ替えはできない)。

タスクバーのアプリアイコンを撤去する手順(ピン留めを外す)

  1. タスクバーのアプリアイコンを撤去する手順(ピン留めを外す)01
    タスクバーにある撤去したいアプリアイコンをマウス「右ボタンクリック」します。
  2. タスクバーのアプリアイコンを撤去する手順(ピン留めを外す)02
    「タスクバーからピン留めを外す」をクリックします。
  3. タスクバーのアプリアイコンを撤去する手順(ピン留めを外す)03
    タスクバーから選択したアプリアイコンが撤去されました。

あとがき

タスクバーの要らないアイコンは撤去して、普段からよく使う使用頻度の高いアプリをタスクバーにピン留めしておくと、パソコン作業の効率が飛躍的に向上します。

Windows 11 パソコンを導入したらタスクバーをしっかり整理して、自分なりの使いやすいタスクバーレイアウトに仕上げて、使い勝手の良いパソコンにしてくださいね!

Windows 11 PC 導入後のおすすめ初期設定の手順

Windows 11 PC を導入したら絶対にやっておいたほうが良い初期設定を以下の別記事にてわかりやすくまとめました。

本記事のタスクバーの設定と合わせてぜひチェックしてやってみてください。