▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Windows 11 ビデオフォンや音声録音をしようとしたらマイクが使えない時の対処方法

Windows 11 関連の記事

Windows 11 パソコンで Skype / ZOOM / LINE などからビデオフォンをしようとしたらマイクがまったく反応しない(使えない)というトラブルが起きることがあります。

いざビデオフォンをしようとしてマイクが使えなければ、通話相手を待たせて迷惑がかかりますし、動画や音声を録音しようとしたらマイクが使えなければ頭に来ますよね。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 ビデオフォンや音声録音をしようとしたらマイクが使えない時の対処方法」を紹介します。

Windows 11 マイクが使えなくなった時の対処方法

Windows 11 でマイクが反応しない(使えなくなった)時には、マイクの故障またはドライバの不具合でなければ、以下の手順でおおむね解決できると思われます。

  1. Windows 11 マイクが使えなくなった時の対処方法01
    タスクバーのスタートボタンを「マウス右クリック」します。表示されたクイックメニュー内の「設定」を選択します。
  2. Windows 11 マイクが使えなくなった時の対処方法02
    システムの「サウンド」をクリックします。
  3. Windows 11 マイクが使えなくなった時の対処方法03
    少しスクロールした入力項目に「発信または録音用のデバイスを選択」があるのでクリックします。
  4. Windows 11 マイクが使えなくなった時の対処方法04
    スライドしたメニューから「マイク(マイク配列と表示される個体もある)」をクリックします。
  5. Windows 11 マイクが使えなくなった時の対処方法05
    オーディオの右側にあるボタンが「許可」となっている場合は、PC でマイクが使えない状態になっています。「許可」ボタンを押してください。
  6. Windows 11 マイクが使えなくなった時の対処方法06
    オーディオの右側のボタンが「許可しない」に変われば、PC でマイクが使える状態になったということです。
  7. Windows 11 マイクが使えなくなった時の対処方法07
    最後に、マイクのテスト項目にある「テストの開始」ボタンを押して、マイクがちゃんと音声を拾っているのを確認したら設定は完了です。PC でマイクが使えるようになっているはずです。
ここがポイント!

「7」の音声確認で反応がなければマイクの故障が考えられます。

マイクが使えない不具合はこんな状況時に起こります

Windows 11 でマイクが使えない不具合は以下のような状況時に稀に起こります。

  • 何かマイクを使う系のアプリをインストールしたタイミング
  • WIndows 10 から 11 へアップグレードしたタイミング
  • Windows 11 のアップデートをしたタイミング
  • PC に外部接続のマイクを接続したタイミング

など、ぼくが今まで確認できたのはこの4パターンでしょうか。もしかしたらその他のパターンもあるかもしれません。

何にせよ、マイクの故障やドライバの破損以外で Windows 11 PC のマイクが反応しない場合はサウンドのマイク設定をチェックしてみてくださいね。