▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

PC 音声通話時「音楽はスピーカーから会話はヘッドセットから分けて流したい場合」の設定方法

Windows 全般についての記事

ヘッドセットを装着して Skype や ZOOM などで通話をしているときに音楽を流すと、ヘッドセットのヘッドフォンから爆音が流れてきて酷い目にあったことありませんか?

PC で音声通話をしながらオンラインゲームをしていて、BGM と 会話が一緒に流れてきてしまって会話が聞き取りづらいなんてことはありませんか?

Windows パソコンにはそれらを別々にわける設定がちゃんと用意されています。

今回は、Skype / ZOOM / LINE などの音声通話やビデオフォン際に 音声以外の BGM などはスピーカーから流して、ヘッドセットからは通話音声だけが流れてくるように設定する方法を紹介します。

Skype の通話音声以外は外部スピーカーから流す設定手順

Skype などの通話音声以外の BGM は外部スピーカーから流れるように設定するのは、通話アプリから設定するのではなく、Windows のサウンド設定から行います。

以下手順を紹介します。

  1. ヘッドセットのスイッチを ON にしておいてください。
  2. まずは「コントロールパネル」を起動します。
    >Windows 10 コントロールパネル場所
    >Windows 11 コントロールパネル場所
  3. Skype通話「音楽はスピーカーから会話はヘッドセットから分けて流したい場合」の設定方法
    コントロールパネルが起動したら「ハードウェアとサウンド」を選択します。
  4. Skype通話「音楽はスピーカーから会話はヘッドセットから分けて流したい場合」の設定方法
    続いて「オーディオデバイスの管理」を選択します。

  5. サウンドというウィンドウがポップアップします。おそらくはじめから「再生」タブが表示されているはず。そのまま設定にはいります。
  6. ヘッドセットが認識されているなら、表示されているデバイスの中に「スピーカー」がふたつあるはずです。ひとつは「Realtek …」じゃないですか? もうひとつが「なんちゃら USB Audio Device」ですよね?
  7. 「Realtek …」が外部スピーカーで、「USB Audio Device」がヘッドセットとなります。
  8. Skype通話「音楽はスピーカーから会話はヘッドセットから分けて流したい場合」の設定方法
    まずは「Realtek …」の方を右クリックしてメニューを出します。メニューの中にある「既定のデバイスとして設定」を選択します。
  9. Skype通話「音楽はスピーカーから会話はヘッドセットから分けて流したい場合」の設定方法
    続いて「… USB Audio Device」を右クリックします。メニューにある「既定の通信デバイスとして設定」を選択します。「通信」の方ですよ。
  10. 「Realtek …」が既定のデバイス。「… USB Audio Device」が既定の通信デバイスになっていれば大丈夫。最後に「OK」を押して設定完了です。

これで、ヘッドセットを用いた音声通話アプリ利用時には、BGM(音楽)はスピーカーから、通話音声はヘッドセットのヘッドフォンから流れるようになります。

注意点

本記事の方法で音声をわけることができるのは「USB 接続のヘッドセット」です。

上のようなマイク & スピーカーのピンジャックで接続するタイプのヘッドセットでは利用できませんのでご注意ください。このタイプは BGM も通話音声も両方ヘッドフォンから出ちゃいます。

あとがき

今回は音声通話アプリのサウンドを分ける設定方法を紹介しました。これ意外とハマる Windows の仕様なんですよね。

やはり PC での音声通話中、ヘッドセットからは通話音声だけ、音楽やゲームBGM はスピーカーから流れて欲しいですよね!

もしもお困り方がいて、本記事が参考になったのなら幸いです。