▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Explorer Patcher for Windows 11 で右クリックメニューを Windows 10 と同じに変更する手順

Explorer Patcher for Windows 11 で右クリックメニューを Windows 10 と同じに変更する手順

Windows 11 からマウス右ボタンクリックで表示される「右クリックメニュー」が一新されて新しいデザイン&レイアウトになりました。

Windows 11 で新しくなった右クリックメニュー01

新 右クリックメニュー

Windows 11 から PC を始めたユーザーはこれで全く問題ないのかもしれませんが、旧来の Windows から PC を利用しているユーザーには使いづらかったりします。

たとえば、新右クリックメニューだと表示されないアプリやフリーソフトの機能項目などがあります。これらがすぐに使えないというのは結構な痛手ですよね。

そこで、右クリックメニューを旧来のものへ戻す方法です。

フリーソフト「Explorer Patcher for Windows 11」を使えば、簡単に旧来の Windows 10 までの右クリックメニューに変更することができます。

今回の記事内容

今回は「Explorer Patcher for Windows 11 で右クリックメニューを Windows 10 と同じに変更する手順」を紹介します。

Explorer Patcher for Windows 11 のインストール方法

Explorer Patcher for Windows 11 のインストール方法

Explorer Patcher for Windows 11 管理画面

Explorer Patcher for Windows 11 は右クリックメニューのカスタマイズの他にも、タスクバーのラベル結合解除やタスクバーを下以外の上左右に配置させたりと、Windows 11 を強力にカスタマイズするフリーソフトです。

Explorer Patcher for Windows 11 はフリーソフトなので誰でも無料でダウンロードして PC にインストールすることができます。

ただ、ダウンロードとインストール手順はちょっとだけややこしい部分があるので、別記事にて手順を丁寧に詳しくわかりやすく紹介しています。

まずは、以下のリンク先の別記事を参考に PC へ Explorer Patcher for Windows 11 をインストールしてみてください。

右クリックメニューを以前のスタイルに変更する手順

Explorer Patcher for Windows 11 が無事 PC へインストールできたら、Windows 11 の右クリックメニューを以前の Widnows 10 と同じスタイルに変更できるようになります。

Explorer Patcher for Windows 11 設定を起動する手順

  1. Explorer Patcher for Windows 11 設定を起動する手順01
    タスクバーの何もないところをマウス「右ボタンクリック」するとメニューが出ます。メニュー内の「プロパティ」を選択します。
  2. Explorer Patcher for Windows 11 設定を起動する手順02
    このウィンドウが Explorer Patcher for Windows 11 の設定パネルです。この設定パネルから Windows 11 の様々なカスタマイズを行うことができます。

右クリックメニューを以前のスタイルに変更する手順

  1. 右クリックメニューを以前のスタイルに変更する手順01
    Explorer Patcher for Windows 11 の設定パネルを起動後、左サイドバーの「File Explorer」をクリックします。
  2. 右クリックメニューを以前のスタイルに変更する手順02
    「Disable the Windows 11 context menu」という項目があって、項目の左に「☓」が表示されています。この「Disable the Windows 11 context menu」をクリックします。
  3. 右クリックメニューを以前のスタイルに変更する手順03
    「Disable the Windows 11 context menu」をクリックすると、項目の左の ☓ が「✓」に切り替わります。その状態で左下にある「Restart File Explorer」をクリックします。
  4. 右クリックメニューを以前のスタイルに変更する手順04
    右クリックメニューを出してみると、新しいメニューではなく、旧来の Windows と同じ右クリックメニューが表示されるようになります。
ここがポイント!

「2~3」の「Disable the Windows 11 context menu」は、日本語訳すると「Windows 11 のコンテキストメニューを無効にする」という意味です。コンテキストメニュー=右クリックメニューのことです。

以下 Explorer Patcher for Windows 11 関連記事

Explorer Patcher for Windows 11 は、今回紹介の右クリックメニュー変更の他にも様々な部分をカスタマイズできます。

最新バージョンへアップデート更新する手順

タスクバーのラベル表示(結合解除)の手順

タスクバーの表示位置を上・右・左に変更する方法