▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Windows PC でブラウザがフリーズしてしまったときの対処方法

Windows PC でブラウザがフリーズしてしまったときの対処方法

Windows パソコンでブラウジング中に突然ブラウザがフリーズしてしまい右上の「☓」を連打してもブラウザを閉じることができない。タブも閉じられない・・・。

Celeron CPU とか低性能のパソコンだとブラウザが突然フリーズすることもあります。

偽 Microsoft Windows Defender セキュリティ警告

サポート詐欺でフリーズ

また、サポート詐欺が仕込まれたウェブページを開いてしまうとブラウザが強制フリーズを起こします。最近ではこの被害多いみたいですね。

そんなブラウザフリーズ時の対処方法を紹介します。

今回の記事内容

今回は「Windows パソコンでブラウザがフリーズしてしまったときの対処方法・ブラウザの閉じ方」を紹介します。

ブラウザがフリーズしてしまったときの対処方法

ブラウザがフリーズしてしまったときの対処方法

ここがポイント!

以下で紹介するブラウザのフリーズ時の対処方法は、Chrome、Edge、Firefox など全てのブラウザ共通です。また Windows 10、Windows 11 など全ての Windows OS で共通の手順となります。

対処①:まずはウィンドウの強制終了ショートカットキーの入力

以下のキーボードを押してみる。

 alt  +  F4  

alt + F4 キーは選択されているウィンドウを強制終了(強制閉じる)させることができるキーボードショートカットです。

ブラウザがフリーズして「☓」ボタンで閉じられない場合は alt+ F4 で強制終了をしてみてください。

大抵はこの「対処①」の方法で解決しますが、この方法で解消されない場合もあります。

対処②:タスクマネージャー経由でブラウザの強制終了

以下のキーボードショートカットを押します。

 Ctrl  +  Shift  +  Esc  

Ctrl + Shift + Esc は「タスクマネージャーを起動する」ショートカットです。

タスクマネージャーが起動すると、

簡易表示の場合

現在起動中でフリーズしているブラウザが一覧に表示されています(ここでは Chrome)。

一覧のブラウザをクリックして「タスクの終了」ボタンを押すと、起動中のブラウザは強制終了されて閉じます。

タスクマネージャーが詳細表示になっている場合は以下を参照。

詳細表示の場合は「プロセス」タブに現在起動中のブラウザが一覧にあります。

ブラウザ名をクリックしてから「タスクの終了」ボタンを押すと、ブラウザは強制終了されて閉じます。

ここまでやればほぼブラウザのフリーズは解消されるはずなのですが、ブラウザだけでなくパソコン自体がフリーズしてしまっている場合もあります。

パソコン自体がフリーズして動かなくなっている場合の対処方法は以下。

対処③:パソコンの電源を強制的に落とす

パソコンの電源を強制的に落とす

パソコン自体がフリーズしてしまい、何をやっても動かない場合は、パソコンの電源を強制的にシャットダウンさせます。

パソコンの強制的に電源を落とす場合、コンセントを引っこ抜くのは絶対にやってはいけません。それをやると運が悪ければ保存データが消えたり、OS が壊れたりします。

パソコンの電源を強制的にシャットダウンをする手順は…

パソコンの電源ボタンを「4秒以上長押し」します

これが適切なパソコンの電源強制シャットダウン手順です。

パソコンの電源さえ落とせばブラウザフリーズも次回起動時には解消されています。

ブラウザを使うほど「やばいページ」を開く確立も高くなる

偽 Microsoft Windows Defender セキュリティ警告

本記事の冒頭でも紹介した「サポート詐欺」ページは、いつどこで表示されるかわからないのが怖いところです。

このサポート詐欺以外でも、たまたま検索から開いてしまったページがやばいウェブページで、ウイルスなどにやられてしまうことも無きにしもあらず。

そんな時にセキュリティソフトを入れているかどうかで、パソコンの生死がわかれることもあります。

ぜひ「もしもの時のため」にセキュリティソフトはパソコンに入れておきましょう。

おすすめセキュリティソフト

【キタムラも愛用中のウイルス対策ソフト】

 

販売から30年以上!アンチウイルス界の老舗セキュリティソフト「ESET」。話題の詐欺広告なんかもしっかり対応。検出率・軽さ・価格と三拍子そろっておすすめ!

 

ESET 公式サイト