▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 パソコンでDVD や Blu-ray をみる方法

Windows 11 パソコンでDVD や Blu-ray をみる方法

Windows 10 になってから、パソコンで DVD を再生できるソフトが標準で搭載されなくなってしまいました。Windows 11 でも引き続き DVD 再生ソフトはありません。

せめて DVD の再生アプリくらい初めから入れておいてくれてもいいのに…Microsoft は相変わらずケチケチです。

Windows 11 で DVD や Blu-ray を再生して視聴するには、別途でソフトやアプリをパソコンにインストールしなければなりません。

特にパソコン初心者さん、そんなに詳しくないユーザーさんは、どの DVD 再生ソフトを使っていいのかよくわからないんじゃないかと思います。

安心してください!本記事では無料~有料の DVD 再生ソフトをばっちり紹介します。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 パソコンでDVD や Blu-ray を再生するための方法。おすすめの DVD&Blu-ray 再生ソフト(アプリ)」を紹介します。

Windows 純正が好みなら「Windows DVD プレーヤー」

Windows DVD プレーヤー

Windows 純正のアプリで DVD を再生したいという方は「Windows DVD プレーヤー」を利用すると良いかと思います。

フラットでシンプルなデザインの必要最低限の再生機能が利用できるといった感じです。

Windows 純正が好みなら「Windows DVD プレーヤー」

Microsoft Store の検索バーに「Windows dvd」と入力して検索すると候補に出てきます。

ただ、Windows 純正の DVD プレーヤーなのですが、有料アプリで「1,750円」します。

購入前のお試し用で「7日間」の無料体験版が利用できます。

Windows DVD プレーヤー02

実際に現物を使ってみないことには使用感を紹介するのにも説得力がないので、ぼく自身 Windows DVD プレーヤーを購入しています(大好きな映画「南極料理人」を再生)。

実際に Windows DVD プレーヤーを使ってみた感想は・・・

  • Windows 純正なので Windows 11 との相性は抜群。安定した動作です
  • 有料ということもあり広告は一切表示されません
  • シンプルだが、シンプルだけに再生して観るだけ。高機能ではない
  • シンプルなので動作は軽い
  • Blu-ray には非対応

1,750円 という価格は賛否両論あると思いますが、Windows 純正の DVD プレーヤーが一番安心するというユーザーさん向けの DVD プレーヤーです。

DVD & Blu-ray 再生ができる無料のアプリ「Any DVD」

DVD & Blu-ray 再生ができる無料のアプリ「Any DVD」

Microsoft Store から誰でも無料でパソコンにインストールできる DVD と Blu-ray の再生に対応したアプリ「Any DVD」。

Any DVD は、有名な動画プレーヤーソフト「VLC メディアプレーヤー」を Microsoft ストアアプリ版として作成されたアプリです。VLC メディアプレーヤーの発展版という位置付けですね。

これ、無料の中では筆者イチオシの DVD & Blu-ray プレーヤーアプリで、Microsoft Store の検索バーに「DVD プレーヤー」と入力すると候補に出てきます。

無料の万能動画再生プレーヤーアプリ「Any DVD」

Any DVD は、DVD や Blu-ray の再生だけではなく、MP4 や MKV など他にも多くの動画ファイルの再生も可能な万能プレーヤーです。

また、使い勝手もシンプルなので、かなり初心者に優しい設計だと思います。

機能としては、Windows DVD プレーヤーの上位互換的な機能量。映像再生中には広告は一切でませんが、アプリ起動直後と終了時にたまに広告が出る(無料ですからね)。

Any DVD を実際に使ってみた感想や詳しい機能や使い方は、以下の別記事にてわかりやすく詳細に紹介しています。アプリを入手する前にぜひ読んでみてください!

市販の高機能な DVD & Blu-ray プレーヤー「PowerDVD」

市販の高機能な DVD & Blu-ray プレーヤー「PowerDVD」01

ぼくが日頃利用している DVD & Blu-ray プレーヤーがこの「PowerDVD」です。

DVD や Blu-ray の映像を観るだけなら無料のプレーヤーアプリでも良いのですが、どうしても無料のプレーヤーアプリでは得られない便利機能が PowerDVD にはあるんです。

そこは有料 DVD プレーヤーソフトの面目躍如ということでしょうかね。

たとえば、

市販の高機能な DVD & Blu-ray プレーヤー「PowerDVD」02

映画にありがちな、背景音量(BGM)だけやたら大きくて、人物のセリフがやけに小さくて聴き取りづらい現象・・・この不満ありませんか?

PowerDVD は、独自の機能で音声のバランスを調整して、人物のセリフ(会話)の音声を拡大して聴き取りやすくすることができます。

すごくないですか?

また、同時に映像の画質を調整して鮮明に表現したりする設定もあります。

市販の高機能な DVD & Blu-ray プレーヤー「PowerDVD」03

コマ送り・コマ戻し(スロー再生)機能もあります。

だだ、スロー再生をするだけじゃなく、スロー再生の速度も細かく微調整できるのは有料のソフトならでは。これは無料アプリじゃできないです。

市販の高機能な DVD & Blu-ray プレーヤー「PowerDVD」04

その他にも市販の再生ソフトならではの便利な機能があり、「お金を出して買う」だけのことはあります。

PowerDVD Pro は、通常版(インストールディスク)とダウンロード版の2種類のインストール方法で販売されています。

PowerDVD Pro 通常版(インストールディスク)

PowerDVD Pro ダウンロード版

パソコンで Blu-ray を再生する際に多い勘違い

外付け Blu-ray ディスクドライブ

利用中の Windows 11 パソコンに 「Blu-ray ディスクを読み込むことができる光学ディスクドライブ」が搭載されていなければ、いくらパソコンに Blu-ray を再生できるアプリをインストールしても、Blu-ray の映像を再生することはできません。

パソコンの光学ディスクドライブを確認してみてください。

Blu-ray に対応していますか?

もし、パソコンの光学ディスクドライブが Blu-ray に対応していない場合は、外付けの Blu-ray ディスクドライブを使うという方法もあります。

ぼくは以下の外付け Blu-ray ディスクドライブを使っています。

あとがき

冒頭でも書いたとおり、Windows 11 には DVD が再生できるプレーヤーは入っていません。DVD や Blu-ray を再生したい場合は、別途自分で用意する必要があります。

今回は「Windows 11 パソコンでDVD や Blu-ray を再生するための方法。おすすめの DVD&Blu-ray 再生ソフト(アプリ)」を紹介しました。

本記事にたどりついた読者さんのお役にたてば幸いです。