▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

iPhone・iPad でデジカメ写真を簡単に確認する方法!SDカードを安定して接続できるカードリーダーを紹介します

iPhone・iPad でデジカメ写真を簡単に確認する方法!SDカードを安定して接続できるカードリーダーを紹介します

iPad は、パソコンほどは万能じゃありませんが、それでもなかなか便利なもので、iPad と SD カードをカードリーダーで接続することで、デジカメで撮った写真をすぐに確認することができます。

iPad の写真アプリ自体がなかなか高性能に画像編集ができますし、最近では Adobe Lightroom も使えますので、今までパソコンでやっていたような写真編集も iPad だけでサクッとできちゃいます。

そんなわけで、最近では出先にパソコンは持ち運ばずに iPad だけ持っていくことが多くなりました。

今回の記事内容

今回は「別途アプリ要らずの iPad に SD カードを接続して安定して動作するカードリーダー」と「iPhone・iPad でデジカメ写真を簡単に確認する方法」を紹介します。

iPad に SD カードを安定して接続できるカードリーダー

iPad に SD カードを安定して接続できるカードリーダー01

今回紹介する iPhone・iPad で SD カードのデータを読み込めるカードリーダーはこちらの「おむすび型」リーダーです。

なぜ「おむすび型」なのかというと・・・

iPad に SD カードを安定して接続できるカードリーダー02

USB-A / USB-C / ライトニング の3つの端子に対応した「3 in 1」SD カードリーダーだからです。 iPhone・iPad だけではなく、Android 端末や PC でも利用できる優れものです。

iPad に SD カードを安定して接続できるカードリーダー03

対応しているメディアは「microSD カード」と「通常サイズの SD カード」です。

このおむすび型カードリーダーの何が良いって、それぞれの「端子に蓋があること」です特にライトニング端子に蓋があるのは最高です。

ライトニング端子って、端子部がむき出し状態で、鞄などにそのまま放り込んでおくと擦れることで接触が悪くなってしまうのか、すぐにダメになってしまうんですよね・・・。

蓋があるのでライトニング端子の劣化を防ぐことができる。

それが個人的にこのカードリーダーに対する最高ポイントです。

その他、おむすび型カードリーダーのおすすめポイントを一覧で紹介しておきます!

  • 3種類の端子があるので、ほとんどの端末・PC で利用できる
  • iPad と接続するときには別途アプリは必要ない。挿すだけですぐ利用できる
  • 端子には蓋が付いているので安心して鞄などに放り込める

iPhone・iPad で SD カードリーダーの画像を読み込む手順

では、実際に「おむすび型カードリーダー」を使って、iPad で SDカード内のデジカメ写真データにアクセスする手順を紹介します。

SD カードの写真データを確認する手順

  1. iPhone・iPad で SD カードリーダーの画像を読み込む手順01
    カードリーダーに SD カードを挿し込みます。しっかり奥まで挿し込まないと認識しませんのでご注意です。SD カードを装着したら、カードリーダーを iPad(iPhone)に挿します。
  2. iPhone・iPad で SD カードリーダーの画像を読み込む手順02
    プリインストールされている「ファイル」アプリをタップして起動します。
  3. iPhone・iPad で SD カードリーダーの画像を読み込む手順03
    SD カードがちゃんと認識されていれば、ファイルのサイドバーの「場所」に外部デバイスの名称が表示されます。ここではキヤノンのデジカメの SD カードを挿しているので「CANON _DC」と表示されてます。それをタップすると、右側エリアに SD カードの内容が表示されます。
  4. iPhone・iPad で SD カードリーダーの画像を読み込む手順04
    SD カードに保存されているデジカメ写真のデータがサムネイル表示されます。確認したい写真をタップします。
  5. iPhone・iPad で SD カードリーダーの画像を読み込む手順05
    一覧の写真をタップすると、このように SD カード保存の写真を直接 iPad で確認することができます。
  6. iPhone・iPad で SD カードリーダーの画像を読み込む手順06
    ここから端末内部のストレージに写真を保存することも可能です。

SD カードの写真を端末内部ストレージにまとめて保存する手順

  1. iPhone・iPad で SD カードリーダーの画像を読み込む手順07
    SD カード内の写真データをまとめて端末の内部ストレージに保存する場合は、プリインストールされている「写真アプリ」を使います。写真アプリをタップしてください。
  2. iPhone・iPad で SD カードリーダーの画像を読み込む手順08
    サイドバーの「デバイス」項目に SD カードの名称が表示されていますので、それをタップします。右側エリアに、その SD カードに保存されている写真が一覧で表示されます。
  3. iPhone・iPad で SD カードリーダーの画像を読み込む手順09
    写真のサムネイルの右下に「チェックマーク」があるので、端末内部ストレージに保存したい写真を選択して「読み込む」をタップします。
  4. これで選択した SD カード内の写真は端末の内部ストレージに保存されます。
ここがポイント!

SD カードの写真を端末内部に保存する時は、ファイルアプリ経由よりも写真アプリを経由したほうがまとめて一括保存しやすいです。

写真アプリの画像編集機能はなかなか高性能

iOS 写真アプリの画像編集機能はなかなか高機能

端末内部ストレージに保存されたデジカメ写真は、画像編集アプリで調整をしてあげれば、ブログや SNS で使える写真に早変わりです!

iPhone や iPad の写真アプリにある画像編集機能はなかなか高性能なので、それだけでも十分にワンランク上の写真に編集できちゃいます。

ハイライト & シャドウがしっかり調整できる無料アプリは貴重です。

あとがき

ユーザー

Wi-Fi 接続で写真データを端末に送信する機能があるデジカメなら、その機能で写真を iPad(iPhone)に送ればイイじゃん!

と言われてしまうことも想定して、ぼくがカードリーダーを使う理由を述べると…

  • カードリーダーを使えば余計なカメラバッテリーを使わないで済む
  • カメラの Wi-Fi 送信機能だと遅い。送信枚数が多くなるほど遅い
  • カードリーダーであれば iPad の大きな画面で写真を選別しながら保存できる

この3つの理由から、カメラの Wi-Fi 送信機能よりもカードリーダーを使うほうが便利だと感じています。

というわけで、今回は「iPhone・iPad におすすめの SD カードリーダー」と「カードリーダーを接続して SD カード内の写真データを端末に保存する方法」の紹介でした!