▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

iPhone 傾けると(置くだけで)勝手にスリープが解除される設定をオフにする方法

iPhone についての記事

iPhone は初期状態だと、端末を傾けると(置くだけで)勝手にスリープが解除される設定になっています。

これ、個人的には結構不要。

カバンのポケットに iPhone をしまえば画面が着いちゃうし、デスクに iPhone を置くたびにいちいちスリープが解除される…バッテリーの節約にもあまりよろしくありません。

今回は「iPhone 傾けると(置くだけで)勝手にスリープが解除される設定をオフにする方法」を紹介します。

iPhone 手前に傾けてスリープ解除をオフにする設定手順

  1. iPhone 設定を開く
    設定アイコンから「設定」を起動してください。
  2. iPhone 手前に傾けてスリープ解除をオフにする設定手順01
    設定が起動したら「画面の表示と明るさ」をタップします。
  3. iPhone 手前に傾けてスリープ解除をオフにする設定手順02
    手前に傾けてスリープ解除が「オン」になっているはずなので、これを「オフ」にします。
  4. iPhone 手前に傾けてスリープ解除をオフにする設定手順03
    手間に傾けてスリープ解除が「オフ」になりました。これで iPhone を傾けても(置いても)スリープが解除されて勝手に画面が着かなくなります。

あとがき

iPhone 手間に傾けてスリープ解除の設定、個人的にはとても不便なので、いつも早々にオフの設定にしちゃっています。

ぼくと同じように、iPhone を傾けたら勝手にスリープ解除されるのが嫌なユーザーさんはぜひぜひオフ設定してみてください。

 

iPhone は docomo が安いっ!

【ドコモオンラインショップで端末価格をチェック】

 

ドコモユーザーなら「スマホおかえしプログラム」を併用することで、高性能だけど高額な iPhone を数万円引きの格安価格で購入することができます!

 

ドコモオンラインショップ