▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

iPhone・iPad で6桁のパスコード入力を4桁に設定変更する手順

iPhone で6桁のパスコード入力を4桁入力に設定変更する手順

マスクだと iPhone ロック解除の Face ID が失敗してパスコード入力になることが往々にしてあります。また、指紋認証 Touch ID では、定期的にパスコード入力がもとめられます。

その際のパスコードが6桁入力って存外面倒で、4桁だと驚くほど楽だったりします。

iPhone と iPad は、どちらも設定を変更してあげることで簡単に4桁パスコードへ設定変更することが可能です。

  • 今回は「iPhone・iPad の6ケタのパスコード入力を4ケタの入力へ変更する手順」を紹介します。

パスコード6桁入力を4桁入力へ設定変更する手順

パスコードを4桁入力に設定変更する手順は、iPhone と iPad 共通の手順です。

  1. iPhone・iPad パスコード6桁入力を4桁入力へ設定変更する手順01
    歯車アイコンの「設定」を起動します。Face ID が使える端末は「Face ID とパスコード」をタップ。Touch ID の端末なら「Touch ID とパスコード」をタップ。
  2. iPhone・iPad パスコード6桁入力を4桁入力へ設定変更する手順02
    現在設定されている6桁のパスコードを求められるので入力します。
  3. iPhone・iPad パスコード6桁入力を4桁入力へ設定変更する手順03
    「パスコードを変更」があるのでタップします。
  4. iPhone・iPad パスコード6桁入力を4桁入力へ設定変更する手順04
    現在設定されている6桁のパスコードを入力します。
  5. iPhone・iPad パスコード6桁入力を4桁入力へ設定変更する手順05
    「4」でパスコードを入力すると「パスコードオプション」が表示されるので、それをタップします。
  6. iPhone・iPad パスコード6桁入力を4桁入力へ設定変更する手順06
    4桁の数字コード」をタップします。
  7. iPhone・iPad パスコード6桁入力を4桁入力へ設定変更する手順07
    新しい「4桁」のパスコードを入力してください。
  8. iPhone・iPad パスコード6桁入力を4桁入力へ設定変更する手順08
    確認のため新しい4桁のパスコードをもう一度入力します。
  9. iPhone・iPad パスコード6桁入力を4桁入力へ設定変更する手順09
    これで、ロック解除の際に求められるパスコードは4桁入力に変更されました。

一定の時間はパスコード入力の要求がされないようにしたい

iPhone や iPad をパスコード入力してロック解除したら、一定の時間は常にロック解除された状態になり、設定した時間が経過するまでパスコード入力の要求がされないようにする便利な設定もあります。

Face ID が失敗ばかりで不便すぎて、パスコード入力オンリーに変更したユーザーさんには便利な設定かもしれません。

ただし、セキュリティ的には甘くなりますので、そこだけご注意です。

設定した時間が経過するまでパスコード入力の要求がされないようにする便利な設定方法は、ぼくが信頼しているブログさんの記事で詳しく紹介されています。

あとがき

ぼくは、6桁パスコード入力が面倒なので、本記事の方法で4桁パスコードにしちゃって iPhone と iPad を共に運用しています。

デスクに置いた iPhone の中身が誰ぞに盗み見されないように・・・っていうことであれば、別に4桁パスコードでも問題無いわけですから。

というわけで、今回は「iPhone・iPad の6ケタのパスコード入力を4ケタの入力へ変更する手順」を紹介しました。

6桁パスコードが面倒だという方はぜひお試しください。

 

iPhone は docomo が安いっ!

【ドコモオンラインショップで端末価格をチェック】

 

ドコモユーザーなら「スマホおかえしプログラム」を併用することで、高性能だけど高額な iPhone を数万円引きの格安価格で購入することができます!

 

ドコモオンラインショップ