▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

iPhone カメラ画像の保存形式を「heic」から「jpg」形式へ変更する手順

About iPhone

iPhone カメラで撮影した写真の画像データは、デフォルト状態だと「jpg」ではなく、「heic」という特殊な形式で保存されます。

この「heic」という保存形式がなかなクセ者で、iPhone からクラウドへ直接送信して共有保存。いざパソコンでその画像データを確認しようとすれば・・・

heic は Photoshop に非対応

Photoshop 非対応で閲覧することすらかないません。

Windows フォトビューアーも閲覧できません。フォトでかろうじて閲覧できますが、回転などの編集はまったくできません。フリーズします。

iPhone カメラ撮影の画像データをパソコンで扱う場合は「heic」だと汎用性が無さすぎて本当に不便です。ぜひ「jpg」で保存してくれるように設定したいところ・・・

今回の本記事の内容は、

  • iPhone カメラ画像の保存形式を「heic」から「jpg」形式へ変更する手順

iPhone カメラ画像の保存形式を「jpg」に変更する手順

  1. iPhone カメラ画像の保存形式を「heic」から「jpg」形式へ変更する手順01
    iPhone の「設定」を起動して「カメラ」をタップします。
  2. iPhone カメラ画像の保存形式を「heic」から「jpg」形式へ変更する手順02
    「フォーマット」をタップします。
  3. iPhone カメラ画像の保存形式を「heic」から「jpg」形式へ変更する手順03
    高確率にチェックが入っているのを「互換性を優先」にチェックをいれて切り替えます。
  4. iPhone カメラ画像の保存形式を「heic」から「jpg」形式へ変更する手順04
    これで以後、その iPhone のカメラで撮影した写真(画像)データは、heic ではなく「jpg」で保存されるようになります。

あとがき

iPhone を新しいものへ切り替えたばかりのときは、いつもこの設定を忘れてしまい、「なんてこったいっ! やっちまったっ!!」と必ず嘆くぼくです(笑)

一度設定を変更してしまえば、機種変更や初期化をしない限り、末永くカメラは「jpg」で写真データを保存しつづけてくれますのでひと安心でございます。

iPhone カメラ撮影画像の保存形式の互換性にお悩みの方がいれば、ぜひ設定を変更してみてくださいね。

\ ドコモオンラインショップ /

iPhone 12 ドコモ公式ページ