▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

PC 充電が出来る USB-C 搭載のコンセント付き電源タップ「TESSAN 65W USB 充電器」

※ 本記事にはプロモーションが含まれます

最近では、家電店やホームセンターでも「USB ポート付きの電源タップ(コンセント)」を普通に見かけるようになりました。

しかし、どの商品を見ても 30W 以上のワット数の高い USB-C ポートを搭載した電源タップはありません。スマホやタブレットは充電できても PC は充電できないんですよね。

どうせ電源タップを買うなら「ノート PC も充電できる」電源タップが良い。

いちいち別途 AC アダプタを挿さないでも電源タップから直接ノート PC 充電ができたら大変楽ちんだと思いませんか?

Amazon や楽天市場を検索して調べて見たのですが、65W などの W数の高い USB ポート付き電源タップのほとんどが 5,000円以上と高額なんです。

そんな中でやっと見つけた 5,000円以下で買えるW数の高い USB ポート付き電源タップが、今回紹介する「TESSAN 65W USB 充電器」です。

本記事のポイント

  • PC 充電が出来る 65W USB-C とコンセントが付いた電源タップ
  • 5,000円以下で購入できるコストパフォーマンスの良さ
  • 大きいサイズの類似品が多い中で本商品は比較的にコンパクトサイズ

TESSAN とは?

TESSAN 公式サイト

▶ TESSAN 公式サイト

TESSAN はブランド名で「テッサン」と読みます。

TESSAN は「Zhuhai Lihe Technology CO.Ltd 」という中国の珠海市に本社を置く “比較的にちゃんとした部類の中華企業” が保有するブランドです。

電源タップやスマートホーム商品を専門的に販売するブランドで、主に日本を含むアジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリア・中東などでグローバルマーケティングしています。

TESSAN の販売する電源タップ

▶ 詳細を見る

TESSAN の販売する電源タップは、ホワイトとグレーを基調としたシンプルで主張しすぎない、どんな部屋にも合うお洒落なデザインです。

また、販売されているす電源タップのすべてに USB ポートが搭載されているのが特徴。

TESSAN 65W USB 充電器(電源タップ)の紹介

外観紹介

今回紹介する「TESSAN 65W USB 充電器」。実際にぼくが所有している実機写真です。

TESSAN 65W USB 充電器01

TESSAN 65W USB 充電器02

TESSAN 65W USB 充電器03

コードと一体型で豆腐みたいな形をしています。サイズはミンティアのケースを2つ並べたぐらいの大きさで、この手の電源タップの中では小ぶりな部類だと思います。

ただ、小ぶりではあるのですが、旅行に持っていくにはコードが着脱できないので不便かもしれません。ここが人によってはイマイチな部分になるでしょうか。室内固定用の電源タップとしてはとても有用。

コードとは逆側に「USB-C ×2 / USB-A ×2」があり、側面の左右に1基ずつ系2口のコンセントがあります。コンセントには自動で閉まる蓋が装備されていて、プラグを挿していないときはホコリの侵入を防いでくれる安全設計。

このホコリシャッターは人によってはプラグを挿しにくいと感じるかもしれません。

コードは着脱できないぶん太っくて付け根の部分がとても頑丈にできています。このコード仕様は TESSAN の電源タップの特徴なんですよね。

USB-C はノート PC も余裕で充電できる最大 65W 出力

ノート PC も充電できる 65W 出力01

本電源タップはコンセントがありますが、USB-C ポートから直接ノート PC を充電することが可能です。別の電源アダプタを使っていちいち PC 充電しなくてもよいので超便利。

USB ポート4つ同時に機器を充電しても1番の USB-C だけは 40W 以上出るので、4つ同時充電でもノート PC が余裕で充電できます。

メーカー公称のポート出力は以下の通りです。

ノート PC も充電できる 65W 出力02

いちおう実機にて電流電圧チェッカーで計測してみました。参考までに掲載します。

ノート PC も充電できる 65W 出力03

1ポート充電

ノート PC も充電できる 65W 出力04

3ポート充電

1番の USB-C ポートだけをノート PC に接続して充電した場合、60W~63W の間で出力されていましたので、充電力は概ね問題ないのかな。

USB-C と USB-A ×2 の3ポート同時充電を行ったら1番の USB-C は 40W~43W の間で出力されていました。こちらもまあ許容範囲。

とりあえず 40W を超えていれば、ノート PC は急速充電扱いになってくれるので良しなのです。

※ あくまで “最大65W” で、常に 65W が出力され続けるわけではありません。

TESSAN 65W USB 充電器(電源タップ)の詳細情報

TESSAN 65W USB 充電器(電源タップ)の詳細情報

型番 LA6504F
名称 65W USB 電源タップ
ブランド名 TESSAN
定格電力 最大1250W
定格電流 最大10A
定格電圧 最大125V
出力 コンセント ×2
USB-C ×2
USB-A ×2
PD 対応 PD3.0 急速充電に対応
コード長 1.5m
製品サイズ 9.9 x 6.6 x 3.5 cm; 370 g

コード着脱不可を許容できるかどうかが導入の分かれ目

前述しましたが、TESSAN 65W USB 充電器はコード一体型で着脱不可です。これを許容できるかどうか?が購入するしないの分かれ目なのではないでしょうか?

これをイマイチだと感じるユーザーには向かない商品だと思いますし、ぼくのように室内固定でのみ利用するというのであれば向いているのだと思います。

TESSAN 65W USB 充電器はとにかくコスパに優れている

TESSAN 65W USB 充電器はとにかくコストパフォーマンスに優れていて、コンセント付き 65W USB 充電器の中ではダントツでお安く買えます。

Amazon プライム会員だと、驚きの「3,000円台」で購入することができて、非会員でも4,000円台前半とそれでも安いです(2023年12月現在)。

他社だと一番安くても「4000円台後半」なのでお値段差は歴然。

あとは耐久力でしょうか。3~4年使えてくれるとありがたいですねぇ。

ぼくはこんな風に設置して使っています

ぼくはこんな風に設置して使っています

機器を充電する棚の柱に結束バンドで固定して設置して、充電ケーブルを挿しっぱなしにして都度充電する機器があればすぐにケーブルを挿せる状態にしてあります。

充電器のサイズがコンパクトなのでこうやって棚柱に固定もできるというもの。他社製の四角柱形状の極太の充電器だとこうはいきません。

コンセントはシュレッダーや掃除機を使うのに利用しています(棚の裏に壁コンセントがあるので、この充電器のコンセントは本当に助かります)。

ぼくはこんな風に設置して使っています02

ケーブルの先っぽがバラバラになったり絡んでしまわないように「マグネットケーブルクリップ」でまとめてあります。

ぼくが使っているマグネットクリップはこちら。1,000円以下とリーズナブルですよ。

その他の TESSAN ブランド電源タップ

その他の TESSAN ブランド電源タップ

こちらの TESSAN 電源タップ(PC 充電出来ないモデル)は、コンセント給電とUSB 給電の PC 周辺機器があるので、その為に PC デスクに置いて使っています。

四角い形状が使いやすかな~っと思って買いました。これはもう2年ほど使っています。

この他にもあと2箇所ほど TESSAN 電源タップを利用しているヘビーユーザーなのです!

TESSAN の電源タップは、ケーブルの付け根が強固に補強されていてケーブル自体が太っといので、断線の心配がなさそうに見えて安心感があるんですよね~。

詳しい TESSAN 電源タップのラインナップは以下のリンク先をご覧ください。

電源タップの USB ポートから直接 PC 充電できる快適さ

電源タップの USB ポートから直接 PC 充電できる快適さ

電子機器は USB 給電が主流ですが、電化製品となるとコンセント給電のものばかりですから USB ポートとコンセントが両方ある電源タップは本当に重宝します。

そして、更にノート PC を USB-C ポートから直接充電できる電源タップは、まだあまり種類が多くないので高額になりがちです。

そんな中で TESSAN 65W USB 充電器は比較的リーズナブルな商品価格でコストパフォーマンスが素晴らしいです。

TESSAN 65W USB 充電器は、ぼくのように電源タップ1つですべての機器の充電をまかないたい “効率厨” さんには大変おすすめできる商品です。

気になった方はぜひぜひ導入を検討してみてください!