▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 10 快適術「タスクバーにある検索ボックスをアイコン化する方法」

Windows 10 タスクバーにある検索ボックスをアイコン化してスペースを広くしよう

友人・知人のパソコン。出先で見かける誰かのパソコン。テレビのドキュメント番組などで見かける会社やお店のパソコン。

揃いも揃ってみんな・・・

キタムラ

タスクバーのスペースを大いに占領している「検索ボックス」を表示しているパソコンばかりですが、作業するのに邪魔じゃないんですか?

タスクバーの検索ボックスは邪魔

 

邪魔じゃないんですか? ぼくは Windows 10 パソコンを導入したら、すぐにこの検索ボックスを取っ払います。

だって、タスクバーにはアプリのショートカット「タスクバーボタン」を置いたりします。使用頻度が少ないくせにスペースを占拠している検索ボックスは邪魔でしょ?

検索ボックスが無くなればタスクバーは広くなる

今回は「タスクバーにある検索ボックスをアイコン化してスペースを広くする方法」を紹介いたします。

タスクバーの検索ボックスをアイコン化する手順

  1. タスクバーの検索ボックス
    検索ボックスをマウス「右クリック」します。
  2. タスクバーメニュー
    メニューが出るので「検索」にマウスのカーソルを置きます。
  3. 検索ボックスのアイコン化
    追加メニューが表示されるので「検索アイコンを表示」をクリックしてチェックを入れます。
  4. タスクバーの検索ボックスは消えてアイコン化されます
    検索ボックスが消えて、アイコン化されました。
  5. 検索ボックスが無くなるとタスクバーは広い
    検索ボックスが無くなった分、タスクバーのスペースが広くなりました。タスクバーの見栄えもスッキリしましたね。

アイコン化しても検索ボックスとして普通に利用可能

アイコン化した検索ボックスの使い方

アイコン化した検索ボックスは、アイコンをクリックすると検索ボックスがせり上がってきます。ここへ検索語句を入力すれば OK。変わらず検索ボックスとして使えます。

アイコン化 & 非表示化する手順動画も用意しました

検索ボックスのアイコン化 & 非表示化を実際に行っている場面を動画撮影しました。動画でも手順を確認したい場合はご視聴ください。

あとがき

Windows 10 タスクバーの検索ボックス邪魔ですよね? アイコン化しても変わらずに使えるならアイコン化して隠したほうが絶対に良いですよね??

ぼくはそう思います。

というわけで、今回は「タスクバーにある検索ボックスをアイコン化してスペースを広くする方法」の紹介でした。