▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

GA4 のトラッキングコードはどこにある?手動貼り付け用コードの記載場所

Google Analytics についての記事

※ 本記事にはプロモーションが含まれます

2023年7月1日までで旧 Google アナリティクスはその役目を終えて GA4 に移行されます。

さて、その GA4 ですが自動で移行されてるわけではありません。登録しているアカウント(サイト)ごとに自ら手動で移行設定しなければいけません。

そんな移行時のやることの中で「UA(測定 ID)」の変更があります。

旧 アナリティクスの UA は7月1日でサービス終了となるため、サイトに設置している旧 UA を新たに GA4 の UA に差し替えなければなりません。

ぼくが運営しているサイトは、head にアナリティクスのトラッキングコードを手動で設置しているので、そのトラッキングコード自体を差し替える必要があります。

キタムラ

あれ? GA4 のトラッキングコードを取得できる場所ってどこだ? 管理画面のどこにあるんだ??

GA4 への移行をやる際に、このトラッキングコード探しでハマったので、本記事ではそのトラッキングコードの記載場所を紹介します。

今回の記事内容

今回は「GA4 のトラッキングコードはどこにある?手動貼り付け用コードの記載場所」を紹介します。

GA4 トラッキングコードを取得する手順(記載場所)

  1. GA4 へアクセスします。
  2. GA4 トラッキングコードを取得する手順(記載場所)01
    左下の歯車アイコン「管理」をクリックします。
  3. GA4 トラッキングコードを取得する手順(記載場所)02
    プロパティ項目内にあるメニュー「データストリーム」をクリックします。
  4. GA4 トラッキングコードを取得する手順(記載場所)03
    ドメインが記載されている部分をクリックします。
  5. GA4 トラッキングコードを取得する手順(記載場所)04
    Google タグの項目に「タグの実装手順を表示する」があるのでクリックします。
  6. GA4 トラッキングコードを取得する手順(記載場所)04
    「手動でインストールする」タブをクリックします。
  7. GA4 トラッキングコードを取得する手順(記載場所)06
    ここに GA4 のトラッキングコードが記載されいます。これをコピーして運営サイトの head 内に貼り付ければ OK です。

あとがき

GA4 への移行作業をやるときに、このトラッキングコードをめっちゃ探し回りました。

見つけたときには、

キタムラ

なんでこんなにわかりにくいところにあるんだぁぁぁぁ~!!

と思わず自室でひとり叫んでしまったことを記憶しています(笑)

本記事が、ぼくと同じく、head 内に手動でトラッキングコードを挿入しているユーザーさんで、トラッキングコードの取得場所がわからないという方の参考になれば幸いです。