▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

ブログ記事のリンク切れを教えてくれるWordPressプラグイン

About WordPress

長くブログを運営していると、記事数はどんどん多くなり、ひとつひとつを細かくチェックするのも難しくなってきます。特にリンクを貼っている記事がリンク切れを起こしてしまうとユーザービリティ的にも大問題です。

今回は、定期的に巡回し、ブログ記事のリンク切れがあれば、逐一教えてくれる便利なWordpressプラグイン「Broken Link Checker」を紹介します。

Broken Link Checker はどんなプラグイン?

冒頭でも書いた通り、ブログ記事全体を定期的に巡回して、リンク切れを起こしていいる記事をピンポイントでお知らせしてくれる超便利プラグインです。

Broken Link Checkerのインストール方法

Broken Link Checkerはプラグインの新規追加からインストールできます。

Broken Link Checker インストール

キーワードに「Broken Link Checker」と入力し、検索をかけると画像のように表示されますのでインストールして有効化してください。上の画像ではすでにインストール済みなのでそのように表示されています。

Broken Link Checker の概要

Broken Link Checker は特に設定は必要ありません。有効化すればすぐに常駐します。

linkerror02

WordPress で運営しているサイト・ブログの本文に貼ってあるリンクがリンク切れを起こすと、このように「リンクエラーを発見しました」とダッシュボードで教えてくれます。

linkerror03

ダッシュボードの「リンクエラーを発見しました」にアクセスすると、どの記事のどのリンクがリンクエラーなのかを細かく教えてくれます。

このリストから直接リンク切れの URL を差し替えたり等の対処をすることが可能です。

linkerror04

また、プラグインがリンク切れを発見すると同時に、公開されている記事のリンク切れ部分にはご丁寧に「打ち消し線」を引いてくれます。

リンク切れをしっかり処理すると、

linkerror05

このようにダッシュボードからリンクエラーが消えて静けさを取り戻します。

まとめ

記事が100件もこえると、目視でのリンク切れチェックは困難になります。しかし、今回紹介のプラグイン「Broken Link Checker」を利用すればリンク切れはすぐに修正できます。

些細な事でもユーザビリティを向上させることが、人気ブログへの近道かもしれません。