▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Microsoft Edge 起動していないのに CPU やメモリを使っている時は「スタートアップブースト」を無効化してみよう

Microsoft Edge 関連の記事

Microsoft Edge バージョン 88 から「スタートアップブースト」機能が追加されました。

Microsoft Edge は初期状態からこのスタートアップブーストが有効になっています。

スタートアップブーストは、Edge を起動していないのにバックグラウンドで稼働されてしまうクセモノ機能で、PC 起動時や PC 作業中にたまに CPU やメモリをやけに大きく消費する動きを見せます。

Edge スタートアップブースト

PC 作業中に起動していない Edge が動く

Edge の起動が多少速くなるメリットがありますが、その代わりに Edge を起動していないときでもバックグラウンドで動き、CPU とメモリを消費します。

特に Edge をメインブラウザとして利用していないなら無効にしておきたい機能。

今回の記事内容

今回は『Microsoft Edge がバックグラウンドで動かないようにするための設定「スタートアップブースト」を無効化する方法』を紹介します。

スタートアップブーストとは?

Microsoft ヘルプによると、スタートアップブーストとは、

Microsoft Edge起動速度を向上させるために、スタートアップ ブーストという機能を開発しました。 スタートアップ ブーストにより、ブラウザーは最小限のプロセスでバックグラウンドで実行され続けます。そのため、起動時にMicrosoft Edgeが迅速に開始されます。

>Microsoft ヘルプより

このような機能です。

さて、このスタートアップブーストなのですが、上の説明でも書かれている通り「Edge を起動していなくてもバックグラウンで実行され続けます」。その代わりに「Edge の起動が若干速くなる」という機能。

Microsoft Edge スタートアップブーストを無効化する手順

  1. Microsoft Edge スタートアップブーストを無効化する手順01
    Microsoft Edge を起動したら、右上の「…」アイコンをクリック。
  2. Microsoft Edge スタートアップブーストを無効化する手順02
    出てきたメニュー内の「設定」をクリック。
  3. Microsoft Edge スタートアップブーストを無効化する手順03
    設定タブが開きます。左サイドメニューの「システムとパフォーマンス」を選択。
  4. Microsoft Edge スタートアップブーストを無効化する手順04
    システム項目に「スタートアップブースト」があって、有効化のスイッチがオンになっています。このスイッチをクリックします。
  5. Microsoft Edge スタートアップブーストを無効化する手順05
    スタートアップブーストのスイッチが「オフ」になりました。スタートアップブーストが無効化されました。

PC の性能や使い方によっては停止した方が良い機能です

スタートアップブーストは、PC の性能や使い方によっては停止した方が良い機能です。

特に性能があまり高くない PC で、起動もしていない Edge が突然バックグラウンドで大きく動くと、その動いている間だけは PC の動作に支障をきたすかもしれません。

また、メインのブラウザに Edge を使っていないなら、スタートアップブーストを有効化しているのは CPU とメモリの無駄になるので確実に停止しておくべきです。