▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Windows デスクトップなど Wi-Fi 非対応の PC でも Wi-Fi 接続できるようにする方法

PC 全般の記事

ノート PC や一体型のパソコンは基本的に Wi-Fi 接続機能が標準搭載されていますが、デスクトップ PC には Wi-Fi 接続機能が搭載されていないことが一般的です。

では、Wi-Fi 接続機能が搭載されていないデスクトップ PC は有線接続しかできないのかといえばそうではありません。

市販の「Wi-Fi 子機」を別途購入して追加してあげることで、デスクトップ PC でも Wi-Fi 接続ができるようになります。

今回の記事内容

今回は「Windows デスクトップなど Wi-Fi 非対応の PC でも Wi-Fi 接続できるようにする方法」を紹介します。

Wi-Fi 非対応の PC でも Wi-Fi 接続をするには子機が必要

デスクトップ PC のような Wi-Fi 接続に対応していないパソコンで Wi-Fi 接続ができるようにするには、以下のような「Wi-Fi 子機」を導入する必要があります。

USB Wi-Fi 子機

このような Wi-Fi 子機(Wi-Fi アンテナ)をデスクトップ PC の USB ポートに挿すことで、有線接続だけだったものが Wi-Fi でインターネット接続できるようになります。

デスクトップ PC に Wi-Fi 子機を接続

利用方法も簡単で、基本的に「PC の USB ポートに Wi-Fi 子機を挿す」だけですぐ利用できる状態になります。特にドライバを手動でインストールするようなこともありません。

PC の USB ポートに Wi-Fi 子機を挿すと、

Windows 11 有線接続のネットワークアイコン

有線接続のネットワークアイコンだったタスクバーのインジケーターが、

Windows 11 Wi-Fi ネットワークアイコン

このように Wi-Fi のネットワークアイコンに変化します。

Windows 11 Wi-Fi ボタン

Wi-Fi のネットワークアイコンをクリックすると、Wi-Fi ボタンがあって、ここから Wi-Fi の接続設定にアクセスすることができます。

TP-Link WiFi 無線LAN 子機がおすすめです

Wi-Fi 子機は大手 Wi-Fi 機器メーカー「TP-Link」製のものがおすすめです。

TP-Link の Wi-Fi 子機は、特にドライバの手動インストールはしなくてもよく、PC の USB ポートに Wi-Fi 子機を挿すだけで使えるようになります。

デスクトップ PC を購入したら Wi-Fi 接続ができない…という場合は Wi-Fi 接続機能が搭載されていないので、Wi-Fi 子機を導入してみてください。

というわけで、今回は「Windows デスクトップなど Wi-Fi 非対応の PC でも Wi-Fi 接続できるようにする方法」の紹介でした。