▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Windows 11 タスクバーやフォルダ背景の「ライト・ダークモード切り替え」手順

windows 11 関連の記事

Windows 11 では、スタートメニュー / タスクバー / フォルダなどの背景を白または黒に切り替えることができる「ライトモード・ダークモード」切り替え機能があります。

今はスマホでもダークモード・ライト・ダークモードに切り替える機能が標準搭載されていますよね。Windows 11 でも同じような背景切り替えができるというわけです。

今回の記事内容

今回は『Windows 11 スタートメニュー・タスクバー・フォルダなどの背景の白黒切り替え(ライトモード・ダークモード切り替え)の手順』を紹介します。

Windows 11 背景のライト・ダークモード切り替え手順

  1. Windows 11 背景のライト・ダークモード切り替え手順01
    まず、デスクトップの何もない部分でマウス「右クリック」をします。メニューが表示されたら「個人用設定」をクリックします。
  2. Windows 11 背景のライト・ダークモード切り替え手順02
    設定が起動して個人用設定項目が表示されます。「色」を選択します。
  3. Windows 11 背景のライト・ダークモード切り替え手順03
    モードを選ぶ項目に背景色を「ライト / ダーク / カスタム」と変更できるメニューがあります。初期状態はライトになっていて、そこをクリックすると切り替えメニューが表示されます。
  4. Windows 11 背景のライト・ダークモード切り替え手順04
    ライトモードはこんな感じで、スタートメニュー・タスクバー・フォルダなどの背景が明るい色になります。
  5. Windows 11 背景のライト・ダークモード切り替え手順05
    ダークモードはこんな感じです。スタートメニュー・タスクバー・フォルダなどの背景が暗い色になります。

「カスタム」モードで細かい背景色調整ができる

Windows11 背景色「カスタム」モードを使いこなす01

ライトモードでもダークモードでもない「カスタムモード」が個人的にはおすすめです。

ここがポイント!

カスタムモードは、ライトモードとダークモードを混在させて設定できるモードです。例えば、フォルダは明るい背景の方がよいが、タスクバーは暗い色にするなどの調整が可能です。

タスクバーとスタートメニューは暗・フォルダは明のパターン

タスクバーとスタートメニューは暗・フォルダは明のパターン

  • 「既定の Windows モードを選択してください」を ダーク
  • 「既定のアプリモードを選択します」を ライト

この組み合わせにすると、スタートメニューとタスクバーがダークモードになり、フォルダや設定画面などはライトモードになります。

ぼくはタスクバーが黒くなって、フォルダが明るいこのパターンが視認しやすいと思っているので、カスタムモードでこちらの設定にしています。

タスクバーとスタートメニューは明・フォルダは黒のパターン

タスクバーとスタートメニューは暗・フォルダは明のパターン

  • 「既定の Windows モードを選択してください」を ライト
  • 「既定のアプリモードを選択します」を ダーク

この組み合わせにすると、タスクバーやスタートメニューは明るい背景になり、フォルダや設定画面などは暗い背景になります。

Windows 11 でもライト・ダークモードを使いこなそう

個人的にはタスクバーはダークなほうが視認やすいと思うのですがいかがでしょう?

Windows 11 でも 10 に引き続きライト・ダークモードの切り替えができます。

とても簡単に切り替えることができますので、使い勝手や好みに合わせてぜひぜひ背景色を切り替えてみてください。

 

本記事の読者におすすめ!評価の高い売れ筋セキュリティソフト