▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 隠れているインジケーターにある常駐アプリをタスクバーに表示させる方法

Windows11について

Windows 11 のタスクバーの右側に「∧」アイコン「隠れているインジケーター」があります。IME や OneDrive アイコンの横あたりにあるでしょうか。

Windows 11 隠れているインジケーター01

この「隠れているインジケーター」は、常駐しているアプリや機能が格納されていて、アイコン「∧」をクリックすると、各常駐アプリのアイコンが並び、そこからアプリの設定や機能にアクセスできます。

Windows 11 隠れているインジケーター02

ただ、頻繁に利用する常駐アプリや機能が 隠れたインジケーター 内に格納されているのは意外と不便です。いちいち「∧」アイコンを押してからアクセスするわけですから。

Windows 11 の標準設定で 隠れたインジケーター 内にある常駐アイコンは、タスクバーへ個別に出すことができます。タスクバーへ出すことによってアクセスが良くなるというわけです。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 隠れているインジケーターにある常駐アプリをタスクバーに表示させる方法」を紹介します。

隠れているインジケーターから常駐アプリを個別に出す手順

  1. Windows 11 隠れているインジケーターから常駐アプリを個別に出す手順01
    タスクバーの何もない部分をマウス「右クリック」します。「タスクバーの設定」が表示されるのでクリックします。
  2. Windows 11 隠れているインジケーターから常駐アプリを個別に出す手順02
    「タスクバーコーナーのオーバーフロー」があるのでクリックします。
  3. Windows 11 隠れているインジケーターから常駐アプリを個別に出す手順03
    このタスクバーコーナーのオーバーフローに並ぶスイッチ項目が「隠れたインジケーター内に格納されている常駐アプリや機能たち」です。スイッチをオンにするとタスクバーへ表示されて、オフにするとタスクバーから非表示になります。
  4. Windows 11 隠れているインジケーターから常駐アプリを個別に出す手順04
    試しに「Bluetooth 接続機能」のスイッチをオンにしてみます・・・タスクバーを見ると、OneDirve アイコンの横に今まで無かった Bluetooth アイコンが表示されています。

あとがき

隠れたインジケーター内にある常駐アプリや機能は、よく利用したり設定を変更するものがあるなら、本記事の手順でタスクバーに出しておくことで呼び出す工程をひとつ省略できます。

パソコンの使い勝手がちょっぴり向上しますので、ぜひぜひお試しくださいね。