▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Windows 11 の Microsoft IME 単語辞書によく使う単語と読みを登録する方法【テキスト入力作業効率が超向上します】

Windows 11 の Microsoft IME 単語辞書によく使う単語と読みを登録する方法【テキスト入力作業効率が超向上します】

Windows 11 を利用中の皆さん。「Microsoft IME の単語登録機能」を使っていますか?

Microsoft IME の単語登録機能は、古くは Windows 98 ですでに使えていた機能です。

この機能がなぜ便利なのかというと、Microsoft IME の単語辞書に任意の単語と読み方を追加することで、それが変換候補に表示されるようになって、テキスト入力作業効率が爆発的に向上するからです。

いつの時代の Microsoft IME にも標準搭載されている単語辞書 & 単語登録機能は、超超便利機能なので使わないのは本当にもったいない!

普段からテキスト入力をたくさんする人ほど絶対に使って欲しい機能なのです!!

今回の記事内容

今回は「Windows 11 の Microsoft IME 単語辞書に任意の単語と読みを登録する手順」を紹介します。

Microsoft IME の単語登録の呼び出し方

Microsoft IME の単語辞書に単語を登録する機能の呼び出し方は以下。

  1. Microsoft IME の単語登録の呼び出し方01
    タスクバーの右下にある「A」または「あ」にマウスカーソルを合わせて「右ボタンクリック」します。出てきたメニュー内の「単語の追加」を選択します。
  2. Microsoft IME の単語登録の呼び出し方02
    単語の登録ウィンドウが表示されます。こちらの任意の単語と読みを登録します。

Microsoft IME に単語を登録する手順

Microsoft IME に単語を登録する手順01

  1. ①「単語」に 変換で表示させたい語句を入力します。ここではメールの冒頭でよく入力する挨拶文を設定してみます。
  2. ②「よみ」には ① の単語が変換候補に表示されるためのキーワードを入力します。「よみ」に入力した単語を入力して変換すると候補に ① の単語が表示されます。
  3. ③「品詞」登録した単語の仕分け。例えば今回の挨拶であれば「短縮よみ」にあたるのでそちらにチェックを入れます。仕分けておくと後に登録単語を編集するときに役に立つかも?程度なので、ここは適当でも問題ありません。
  4. ①~③ が入力&チェックできたら ④「登録」ボタンを押すと Microsoft IME にオリジナル単語が登録されます。
  5. ④ の登録ボタンを押すと、単語の登録ウィンドウの内容がリセットされて次の単語が登録できるようになります(連続で単語登録ができる)。
  6. Microsoft IME に単語を登録する手順02
    登録した単語は、このようにテキスト入力の際に変換候補に表示されるようになります。超便利かつ時短ですよねっ!
ここがポイント!

Microsoft IME に単語を登録する手順02

 

② の「よみ」にカタカナは登録できないので注意してください。よみ に指定できる文字は「ひらがな、英数字、記号」です。上の画像なら「ぶろぐ」が正解。メールのように長音符が入る場合は「めーる」というように よみ を入力しましょう。

登録した単語の一覧を確認する&編集する手順

登録した単語の一覧(ユーザー辞書)を開く手順

  1. 登録した単語の一覧(ユーザー辞書)を開く手順01
    単語の登録ウィンドウ左下にある「ユーザー辞書ツール」ボタンを押します。
  2. 登録した単語の一覧(ユーザー辞書)を開く手順02
    Microsoft IME ユーザー辞書が起動します。ここから登録した単語を一覧で確認と編集ができます。

登録した単語を編集する手順

  1. 登録した単語を編集する手順01
    ユーザー辞書の一覧から編集したい単語を選択して「ダブルクリック」します。
  2. 登録した単語を編集する手順02
    単語の変更ウィンドウが表示されます。「単語・よみ・品詞」を編集できます。編集が完了したら「登録」ボタンを押します。

登録した単語を削除する手順

  1. 登録した単語を削除する手順01
    登録した単語の中で削除したい単語を選択して「Delete(Del)キー」を押します。
  2. 登録した単語を削除する手順02
    削除ウィンドウが出ます。「はい」ボタンを押すと選択した単語が削除されます。

こんな単語登録をすると作業がはかどっちゃうかも?な一例

Microsoft IME の単語登録には「どんな語句」でも登録できます。こんな単語を登録すると便利じゃないかな?という一例を紹介しますね。

こんな単語登録をすると作業がはかどっちゃうかも?な一例01

「めーる」

日頃からよく利用するメールアドレスを「めーる」と入力すると変換候補にすべて出てくるようにまとめました。

単語の登録は「同じ よみ」に複数の単語を設定できるのでこういった使い方ができます。

こんな単語登録をすると作業がはかどっちゃうかも?な一例02

じゅうしょ

「じゅうしょ」と入力して変換すると住所が出てくるようにしました。店舗や会社の住所とか結構入力するんじゃないでしょうか? よく使うなら登録しておくと便利です。

長い住所ほど「じゅうしょ」だけで入力できるので助かると思いますよ。

ここがポイント!

ここで紹介した単語登録は、あくまでも一例です。結構長い文でも大丈夫なので、自分なりの便利な単語を設定して作業効率の向上をはかってくださいね!

ユーザー辞書を別の PC でも使う方法

単語登録してある IME 辞書を別の PC でも使いたい

単語が登録してあるユーザー辞書は、保存して別のパソコンにそのデータを読み込ませることで、別のパソコンでも同じユーザー辞書(登録単語)を使うことができます。

  1. ツールタブをクリックすると保存等のメニューが表示されます。
  2. ①「一覧の出力」から現在の登録単語の辞書データを保存(出力)することができます。
  3. ②「テキストファイルからの登録」から別のパソコンで保存(出力)された登録単語の辞書データを読み込んで同じように登録単語を利用できるようにします。

 

全国対応で、壊れたパソコン買取専門店【ジャンク品パソコン買取ストア】。電源が入らない…など壊れた PC でも現金化できます。捨てるよりも断然お得!

 

宅配買取では「送る前に店頭買取や出張買取も事前査定で実際の買取金額がわかる」ので安心です。

 

ジャンク品 PC 買取ストア