▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

WordPress バージョン毎に対応する PHP&MySQL 動作環境一覧

About WordPress

先日、かなり古い WordPress バージョンで作成されたホームページをバージョンアップ修正する仕事を受けました。

その会社の WordPress サイトは「WordPress 3.4.2」で、実に9年前に作成されたもの。

WordPress 3.4.2 現在の状況

よくぞいままで放置していたと思うほどの古いバージョンです。

一旦サーバー内のすべてのデータを消去して、最新の WordPress を入れ直したところ…

サーバーエラー500

サーバーが「エラー500」になって、WordPress のインストールすらできません。

いろいろ悩んで試行錯誤した結果、サーバーの PHP バージョンが「5.5」だったことが原因で最新の WordPress が動かせなかったことが判明。

古い WordPress のアップグレード作業が久しぶりだったので、固定観念から、この解決方法にたどり着くまでに時間がかかってしまいました(汗)

今回の記事内容

サーバーの環境(PHP や MySQL バージョン)によって、WordPress は動かない、またはアップデートできないバージョンがあります。今回は「WordPress バージョン毎に対応する PHP&MySQL 動作環境一覧」をメモがてら紹介します。

WordPress 動作環境一覧(WP / PHP / MySQL Ver.)

WordPress 各バージョンの動作環境(PHP / MySQL バージョン一覧)です。

WordPress PHP MySQL
5.3~5.8 推奨 7.4 以上
5.6.20 以下では
動作しない
推奨 5.6 以上
5.0.15 以下では
動作しない
5.2 推奨 7.3以上
5.6.20 以下では
動作しない
推奨 5.6 以上
5.0.15 以下では
動作しない
5.0~5.1 推奨 7.3 以上
5.2.4 以下では
動作しない
推奨 5.6 以上
5.0.15 以下では
動作しない
4.9 推奨 7.2 以上
5.2.4 以下では
動作しない
推奨 5.6 以上
5.0.15 以下では
動作しない
4.7~4.8 推奨 7.1 以上
5.2.4 以下では
動作しない
推奨 5.6 以上
5.0.15 以下では
動作しない
4.0~4.6 推奨 5.6 以上
5.2.4 以下では
動作しない
推奨 5.6 以上
5.0.15 以下では
動作しない
3.2~3.9 推奨 5.2.4 以上
5.2.4 以下では
動作しない
推奨 5.0.15 以上
3.0~3.1 推奨 4.3 以上 推奨 4.1.2 以上

現在利用中の WordPress / PHP / DB バージョン確認手順

WordPress はバージョン 5.2 から「サイトヘルス」という機能が導入されました。このサイトヘルス機能を使えば、WordPress の管理画面から、PHP やデータベースのバージョンをサーバーへアクセスすることなく簡単に確認できます。

以下の別記事にて、サイトヘルスでの詳しい確認手順を紹介しています。

あとがき

古い WordPress を最新の WordPress へアップグレードしたら「サーバーエラー500」が表示されてしまったときには、サーバーの PHP バージョンが低い可能性が大です。

悩む前にぜひサーバーの PHP バージョンを確認してみてください。

というわけで、今回は「WordPress バージョン毎に対応する PHP&MySQL 動作環境一覧」の紹介でした。