Lenovo ThinkPad が大好きだ!ここがおすすめ「キーボードの良さ」編

Lenovo ThinkPad が大好きだ!ここがおすすめ「キーボードの良さ」編

ThinkPad と言えば、発売から20年以上も経ち(1992年 IBM 発売~2005年から Lenovo 販売)、発売当初からほとんど変わらないデザインを貫き通し、一定ユーザーの愛と支持を得て存在し続ける ノート PC 界のレジェンドです。

昨今これほどブレないブランドはあるだろうか? と感心します・・・そうそう、何気に ThinkPad のデザインは初代モデルから日本人が手掛けていたりするんですよね。

・・・

現在ぼくの主力ノートパソコンは Lenovo ThinkPad 13 です。2016年に購入したモデルなので、そろそろ新しい ノート PC の購入を検討しているところ・・・まあ、いろいろ目移りするも結局は ThinkPad を買うんだと思います(笑)

ThinkPad を使い始めてまだ3年ほどですが、使うほどに ThinkPad が好きになり、あまりある ThinkPad 愛が止められないので、ThinkPad の良さを伝えるためのシリーズを定期的に紹介していこうかなと思っています。

今回は「ThinkPad のキーボードの良さ」を紹介します。

Lenovo ThinkPad のキーボード 6つの特徴

巷ではおおむね打ちやすいという評価が多い ThinkPad のキーボードですが、本当に打ちやすいのか? 実機の写真を観ながら ThinkPad キーボードを観察してみましょう。

ThinkPad キーボードの全体像(日本語キーボード)

ThinkPad キーボードの全体像

ThinkPad のキーボードは、ファンクションキーにあるホットキーの絵柄が変更されることはありますが、キー配置はどのモデルも一貫してこの配置になっています。

では、部位ごとに ThinkPad キーボードの特徴を見ていきましょう。

ThinkPad のキーストローク(キーの高さ)

ThinkPad のキーストローク(キーの高さ)

ちょっとスタイリッシュなアルミ系?のパソコンと比べると、ThinkPad のキーストロークは高めに設定されています。キーを押した感がとてもよくわかるので、押しそこねてもすぐにわかります。

ThinkPad のキーストロークは「タイピングしてるぞ!」という気分にさせてくれます。

あと、キーの外側から中心に向かって若干ヘコんでいて、緩やかな谷状になっています。キーを押した時に指の腹がしっかりフィットするようになっています。

キーストロークの好みは人によって異なると思うので、万人におすすめすることはできませんが、ぼくのように深めのストロークが好きなユーザーには大変気持の良い打鍵感を得られると思います。

ThinkPad のキーピッチ(キーの間隔)

ThinkPad のキーピッチ(キーの間隔)

ThinkPad の全てのキーとキーの間隔は 約3mm ほどです。隣のキーに触れてしまうなどの誤入力になりにくい、適度な間隔だとだと思います。

よく使う主要なキーはすべて比較的大きめに作られていて押しやすいです。特に Enter キーは大きめ。あと、他社 PC に比べて Delete キーが大きめなのもポイント高いです。

ストロークも相まって、事務作業 / ライター業 / ぼくのようなブロガーなど、日頃から文字入力をたくさん行うユーザーには、なかなかテキストが打ちやすいキーボード仕様だと言えます。

Home キーと End キーが単独でちゃんと在る

ThinkPad のキーボードにはHome キーと End キーが単体でちゃんとある

ネットサーフィンや文書作成時には Home キーと End キーを多用しますので、これ、ぼくにとって結構重要なポイント。

他社製のノート PC は Home キー & End キーが自体が無いものがありますし、あったとしても Fn キーを押しながらというスタイルがほとんどです。

Home キーと End キーが単独キーとして配置されているのは、使い勝手の面で本当に有り難いのです。

PageUp / PageDown / PrintScreen キーが単独で在る

ThinkPad のキーボードには PageUp / PageDown / PrintScreen キーが単独で在る

こちらも単独で「Page UP と Page Down」キーがあり、Fn キーを押しながらじゃなくても利用できるのでとても重宝します。

そして、PrintScreen キーが単独であるのも超ありがたいです。ぼくは Windows ノウハウ記事の素材を作るのにこのキーを超多用するので本当に有り難いです。

ただ、Ctrl と Alt の間にあるので、よく間違って PrintScreen を押しちゃいます。ここだけ若干デメリットですが、メリットが上回っているので良しとします。

とにかく Fn キーと併用だと途端面倒になるので、この配置には満足しています。

賛否の尽きない「左 Ctrl キー」の配置

賛否の尽きない「左 Ctrl キー」の配置

ThinkPad が登場してからの伝統ともいえる「Fn キー」と「左 Ctrl キー」のこの配置。ネットで ThinkPad のキー配置絡みの情報を見ると「この位置が嫌だ」「これが良いんだよ」となかなか賛否が尽きない感じです。

ぼくは、この配置にすっかり慣れてしまっていて、「むしろこの配置が良い」とさえ思っています。

例えば、ブラウザで沢山のタブを展開している時、いつも親指で Ctrl キーを押しながら中指で Tab キーを押してタブ送りをするのですが、この ThinkPad の配置だと、それがめちゃくちゃ楽にタブ送りができるんです。

ぼくの場合 ThinkPad 使う時だけは、親指で左 Ctrl キーを押すようにすっかりクセになっちゃっているようで、むしろこの配置だから快適という感じです(笑)

まあ、トラックポイント(赤ポチ)と同じで「慣れ」なんだと思います。ここに関しては、永遠に賛否が尽きないでしょうか・・・。

ただ、いちおう Fn キーと Ctrl キーは BIOS 設定から機能を入れ替えられます。

Lenovo ThinkPad キーボードThinkPadのFnキーとCtrlキーの位置を入れ替える小技を紹介
トラックポイントが便利で、キー入力のしやすさに定評のある ThinkPad シリーズ。ぼくもそんな ThinkPad の魅力にやられたひとりです。 ...

ThinkPad はレノボ直販サイトからが一番お買い得です!

Lenovo のパソコンは直販サイトから購入すれば、どんな機種でも「必ずクーポン割引」が適用されます。これが家電店や別のネットショップからだとクーポンが適用されませんので、直販からが一番安く購入できます。

しかも、Lenovo 直販サイトに記載されている金額は、「送料 & 税込価格」なんです! 構成をカスタマイズしない限りは基本的に「記載してある金額がそのまま支払う金額」というわかりやすさっ!!

ThinkPad の購入はレノボ直販サイトからが一番お買い得なのですっ!!

あとがき

ThinkPad と富士山静岡空港

今回は、ぼくが好きなパソコンブランド「Lenovo ThinkPad」のキーボードについて、ひいき目たっぷりに熱く紹介しました!!

ThinkPad のキーボードは本当に打ちやすくて気持ちが良いですよっ!! 文章を作成するには最高のノートパソコンだと思っています。

現在ノートパソコン選びの真っ最中で、ThinkPad が気になっている方の参考になればこれほど嬉しいことはありません。

カフェノマド、ThinkPad ユーザーが増えたらいいなぁ(笑)