Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

Windows PCでOneDriveなどのクラウドフォルダを消すとクラウド側からも消えちゃう?

Windows PCでOneDriveなどのクラウドフォルダを消すとクラウド側からも消えちゃう?

Sponsor link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

   
 Windows

   Windows

about-cloud

最近では、無料のクラウドも容量が多く使い勝手が良いため、利用しているユーザーも大変多くなったのではないでしょうか。

ぼくは、Dropbox・OneDrive・GoogleDrive・Adobe Creative Cloud Files の4本柱で用途によって使い分けていますが皆さんはいかがでしょうか?

さて、今回はそんな一般的になってきたクラウドをWindows PCで使う時に注意したほうが良い箇所がある・・・というはなし。

「Windows PC で デスクトップアプリにてクラウドサービスを利用していて、一時保存中のそのファイルを削除すると、クラウド側からもデータは消えてしまうのか?」についてブログします。

Sponsor link
Sponsor link

先に結論から

デスクトップアプリのクラウドサービスのファイルを削除すると当然クラウド側の該当ファイルも削除されます。

クラウドのデータはデスクトップアプリとクラウド側と双方向で同期されているので、どちらかを消せば両方削除されます。

これは本当に注意しなくてはいけない点で「よくわからずにPCのドライブCを整理する体でOneDriveを消したら、クラウド側のデータも全部消えてしまい大変なことになった・・・」という自爆トラブルをたまに聞きます

各クラウドにおけるデスクトップアプリの仕組み

各クラウドサービスのデスクトップアプリはブラウザなどで確認するオンラインクラウドと決定的な違いがあります。

それは、PCのストレージにクラウドのデータを一時保存しておくことによって、一時保存したデータはオフラインでも利用することができます(PC自体に保存されるということです)。

ファイルを追加した場合には、オンラインになった時に同期してクラウド側へも反映される仕組みになっています。

なぜそのような仕組みかというと、この方がデータを高速で利用できるからです。予めデータがPCに一時保存されていれば、ダウンロードやリロードなどのネットワーク接続にいちいち発生する煩わしい時間を省略できるからです。

これは、Dropbox・OneDrive・GoogleDrive・Adobe Creative Cloud Files などの主要クラウドサービス共通の仕組みです。

したがって、オフライン時でもデスクトップアプリのデータを削除すれば、結局オンラインになれば同期されますから、削除したデータはクラウドから削除されることになります。

でも、ボリュームCの容量が足らないから消したいよ

そう、このパターンでクラウドのデータを消失させてしまうユーザーさんが多いのではないでしょうか?

先にも書きましたが、これは完全に自爆フラグです。

確かにデスクトップのクラウドアプリはCドライブを圧迫します。モバイルPCを使っていればなおさらです。

では、次項で、デスクトップのクラウドアプリからデータを削除してもクラウド側のデータが削除されずに安心して整理ができる方法を紹介します。

デスクトップ版クラウドアプリは同期を切ってから削除

とにかく、クラウド側とデスクトップ版クラウドアプリの同期を切ってしまえば、PC側でデータを消しても、クラウド側とのやり取りはないので、データには一切傷がつきません。

デスクトップ版のクラウドアプリはどのサービスもだいたい同じ同期解除方法なので、本記事では、OneDriveとDropboxで解説します。

OneDriveの同期解除方法

2016-10-17_21h14_48

1:タスクバーまたは通知領域内にあるOneDriveアイコンを右クリックします。

2016-10-17_21h15_31

2:右クリックメニューの中にある「設定」を選択します。

2016-10-17_21h15_55

3:アカウントタブにある「このPCのリンクを解除」を選択するとOneDriveは同期が解除され、ユーザー&パスワードを認識していない状態になります。

これでPC内のOneDriveフォルダの中身を消してもクラウド側に影響はなくなります。

Dropboxの同期解除方法

2016-10-17_21h16_52

1:タスクバーまたは通知領域内にあるDropboxアイコンを右クリックします。

2016-10-17_21h17_26

2:右上の歯車アイコンをクリックし「基本設定」を選択します。「同期の一時停止」はあくまでも一時停止です。勘違いしないようにしてください。

2016-10-17_21h18_19

3:アカウントアイコンを選択し、「この Dropbox のリンクを解除」を選択します。

これでPC内のDropboxフォルダの中身を消してもクラウド側に影響はなくなります。

まとめ

うっかりデータを削除してもだれも復旧を助けてはくれません。

PC内で同期中のクラウドデータを削除する場合には、同期を解除するのを絶対に忘れないようにしてください。

というわけで、今回は「Windows PCでOneDriveなどのクラウドフォルダを消すとクラウド側からも消えちゃう?」をお送りいたしました。