▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Windows 11 初期セットアップをオフライン環境でも出来るようにする方法(非ネット接続でのローカルアカウント作成)

Windows 11 パソコンを購入して初めて電源をいれたときに行う「初期セットアップ」は、通常「オンライン(インターネットが接続できる環境)」であることが必須条件です。

昨今では、インターネット接続ができない環境であることのほうが珍しいことだと思うので、オンラインが必須条件だとしても問題ではない…ということなのかもしれません。

しかし、何らかの事情でどうしても「オフライン(インターネット接続をしていない)」環境下でパソコンの初期セットアップをしなければならない場合があったとしら・・・初期セットアップを諦めなければならないのでしょうか?

キタムラ

安心してください!

Windows 11 の初期セットアップはオンライン環境が必須条件ですが、本記事で紹介する裏技を使うと、オフライン環境でも初期セットアップができるようになります。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 初期セットアップをインターネット接続しないで出来るようにする方法(非ネット接続でのローカルアカウント作成)」を紹介します。

オフラインで初期セットアップをする上での注意点

オフラインで初期セットアップをする上での注意点

インターネット接続をしていないオフライン環境で初期セットアップした Windows 11 は「ローカルアカウント」になります。

インターネット接続されていないので Microsoft アカウントを登録した初期セットアップはできません。ここだけ注意してくださいね。

Windows 11 オフライン環境で初期セットアップする手順

キタムラ

本記事ではインターネット接続が必須の部分を回避して、本来は出来ないオフライン環境で初期セットアップする裏技をわかりやすく紹介します。

  1. Windows 11 オフライン環境で初期セットアップする手順01
    初期化直後や購入したばかりの PC で初めて電源を入れると、初期セットアップが始まり「国または地域はこれでよろしいですか?」の画面が表示されます。PC はこの画面のままにしておいて「2」へ進みます。
  2. Windows 11 オフライン環境で初期セットアップする手順02
    キーボードの「Shift + F10」キーを押します。  
  3. Windows 11 オフライン環境で初期セットアップする手順03
    「2」のキーを入力すると「国または地域はこれでよろしいですか?」の画面に画像のようなコマンドラインが表示されます。
  4. 「国または地域はこれでよろしいですか?」04
    コマンドラインに、
    oobe\BypassNRO.cmd

    と入力して「Enter」キーを押します。※ 全部半角の英数記号です。画像と同じになるよう間違えないように入力してくださいね。

  5. Windows 11 オフライン環境で初期セットアップする手順05
    「4」が正しく入力できていれば、Enter キーが押されるとすぐに PC は再起動します。
  6. Windows 11 オフライン環境で初期セットアップする手順06
    再起動後はふたたび「国または地域はこれでよろしいですか?」画面になります。「はい」ボタンを押して先へ進みます。
  7. Windows 11 オフライン環境で初期セットアップする手順07
    ネットワークに接続する項目で、通常の初期セットアップ時には無い「インターネットに接続していません」が表示されるようになっています。「インターネットに接続していません」をクリックしてください。
  8. Windows 11 オフライン環境で初期セットアップする手順08
    「やっぱり接続しようよ」としつこく聞いてきますが「制限された設定で続行」をクリックします。
  9. Windows 11 オフライン環境で初期セットアップする手順09
    「同意」ボタンを押します。同意ボタンを押した後は通常のローカルアカウントでの初期セットアップが開始され、以後オフラインで初期セットアップを完了することができます。

あとがき

今回紹介した「Windows 11 初期セットアップをオフラインで作成する方法」は、あくまでも裏技で、よほどのことがあるときの緊急回避的な初期セットアップ方法です。

やはり通常のオンライン環境で行う初期セットアップが王道です。

ただ、まあ本記事の手順を行えばオフライン環境でも確実に初期セットアップが完了できますので、困っている方はぜひお試しください。