▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

iPhone コピーした URL が長すぎる!短い URL でコピーして添付する方法

iPhone コピーした URL が長すぎる!短い URL でコピーして添付する方法

LINE のトークや E メール、SNS などに URL を貼り付けたら「URL がめっちゃ長かった」っていうことありませんか?

iPhone コピーした URL が長すぎる!

長すぎる URL

Amazon や Wikipedia とか長い URL を吐き出してくれちゃうウェブページって結構あるんですよね。

せっかく友だちにおすすめの商品を教えてあげようとしたら…この URL の長さよ…

でも安心してください! iPhone のショートカット機能をちょっと設定するだけで、

短縮された URL

短縮された URL

簡単に短い URL がコピーして貼り付けられるようになります。

これめっちゃ便利な iPhone 小技ですよ~!

今回の記事内容

今回は「iPhone でコピーした URL が長すぎる!短い URL でコピーして添付する方法」を紹介します。

iPhone ショートカットで短縮 URL 機能を設定しよう

短い URL をコピーできるようにするためには、最初の1回だけ準備が必要です。

iPhone にはショートカット機能があります。そのショートカットから URL を短縮コピーできる機能を iPhone に追加設定しなければなりません。

以下、URL 短縮機能の追加手順です。

  1. iPhone ショートカットで短縮 URL 機能を設定しよう01
    iPhone のホームにある「ショートカット」をタップします。
  2. iPhone ショートカットで短縮 URL 機能を設定しよう02
    「ギャラリー」アイコンをタップします。
  3. iPhone ショートカットで短縮 URL 機能を設定しよう03
    画面を少しスクロールすると「インターネット上で」という項目があります。その中に「URL を短縮」があるのでタップします。
  4. iPhone ショートカットで短縮 URL 機能を設定しよう04
    「ショートカットを追加」ボタンをタップします。

これで利用中の iPhone でウェブページの URL をコピーする際に「URL を短縮」を選ぶことが出来るようになりました。

iPhone でサイトの URL を「短縮 URL」でコピーする手順

  1. iPhone でサイトの URL を「短縮 URL」でコピーする手順01
    まずは、URL をコピーしたいウェブページをブラウザで開いてください。
  2. iPhone でサイトの URL を「短縮 URL」でコピーする手順02
    「共有」アイコンをタップしてください。
  3. iPhone でサイトの URL を「短縮 URL」でコピーする手順03
    共有をスクロールすると「URL を短縮」ボタンがあるのでタップします。
  4. iPhone でサイトの URL を「短縮 URL」でコピーする手順04
    上部に「URL を短縮」とチェックが表示されたら、該当ウェブページの短縮 URL がクリップボードにコピーされたということです。
  5. iPhone でサイトの URL を「短縮 URL」でコピーする手順05
    参考として、コピーした短縮 URL を LINE のトークに貼り付けてみます。メッセージ入力に「ペースト」します。
  6. iPhone でサイトの URL を「短縮 URL」でコピーする手順05
    はい!問題なく短縮 URL でウェブページの貼付けが行えました。
Chrome の場合は

Chrome の URL 短縮

 

Chrome は Safari より共有アイコンの場所がわかりにくいところにありますが、Safari と同じように URL を短縮する機能を利用することができます。

URL が長すぎる問題をあっという間に解決できる小技です

本記事で紹介した「ショートカットを利用してウェブページの URL を短縮する方法」は、Safari だけじゃなく、Chrome など、Safari 以外のブラウザでも利用することができます。

また、URL 短縮は iPad でも使うことができます。

この機能は、Apple 端末を使っているなら絶対に設定しておいたほうがよい大変便利で使い勝手の良い機能です。ぜひぜひ設定して試してみてくださいね!