▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

iPhone / iPad を買ったらまず最初に必ずやっておいた方が良い3つの設定

iPhone / iPad を買ったら・初期化したらいろいろアプリをインストールする前に、とりあえず「まずはこの設定をしておいたほうが良い」という設定が3つほどあります。

ギガやバッテリーの節約、わずらわしいアンケート表示の抑制、Apple への利用状況の送信を停止 など、iPhone / iPad を利用する上で使い勝手向上につながる設定項目。

絶対にやっておいたほうが良いので本記事にて紹介したいと思います。

今回の記事内容

今回は「iPhone / iPad を買ったらまず最初に必ずやっておいた方が良い3つの設定」を紹介します。

設定①:App バックグラウンド更新の調整

この設定を行うことで、モバイル通信時(Wi-Fi 外の接続時)の無駄なギガとバッテリーの消費をふせぐことができます。ギガとバッテリーの節約項目です。

※ iPad の場合は Cellular モデルだとこの設定が必要です。

  1. iPhone 設定アイコン
    iPhone / iPad のホームから歯車アイコン「設定」をタップして起動します。
  2. App バックグラウンド更新の調整01
    設定内の「一般」をタップします。
  3. App バックグラウンド更新の調整02
    「App のバックグラウンド更新」をタップします。
  4. App バックグラウンド更新の調整03
    「App のバックグラウンド更新」をタップします。
  5. App バックグラウンド更新の調整04
    「オフ」か「Wi-Fi」のどちらかを選んでタップします。オフはまったくバックグラウンド更新をしない設定。Wi-Fi は、Wi-Fi 接続時だけバックグラウンド更新を許す設定。おすすめは Wi-Fi です。
ここがポイント!

初期状態だと、モバイル通信中もアプリのバックグラウンド更新をする設定になっています。バックグラウンド更新中はギガとバッテリー両方を消費するので、外出時などは抑えておく設定にしておくことでギガとバッテリーの節約になるわけです。

設定②:Apple に検索内容などの情報を送信させない

Apple が広告を出す際に、利用者がどのようなことに興味があるのか等のデータを取得するためにブラウザの利用状況や検索内容を Apple に自動送信させる機能があります。

初期状態では、その情報送信機能がオンになっています。情報送信時にはギガを消費しますし、何よりも匿名とはいえ利用状況を送信されちゃうのは嫌ですよね。

  1. iPhone 設定アイコン
    ホーム画面の歯車アイコン「設定」をタップして起動します。
  2. Apple に検索内容などの情報を送信させない01
    「プライバシー」をタップします。
  3. Apple に検索内容などの情報を送信させない02
    「Apple の広告」をタップします。
  4. Apple に検索内容などの情報を送信させない03
    「パーソナライズされた広告」のスイッチを「オフ」にします。これで Apple に検索内容などの情報を送信しなくなります。

設定③:アプリ使用中に出てくる「評価」を出なくする

アプリを起動した時やアプリを終了する時にたまにでてくる「○○ はいかがですか?」の評価ポップアップ。これ地味にイラッときませんか?

設定からこの評価を確実に出てこなくすることができます。

  1. iPhone 設定アイコン
    ホームから歯車アイコン「設定」をタップします。
  2. アプリ使用中に出てくる「評価」を出なくする01
    「App Store」をタップします。
  3. アプリ使用中に出てくる「評価」を出なくする02
    「App 内評価とレビュー」のスイッチを「オフ」にしてください。これで突然出てくる評価ポップアップは2度と出てこなくなります。

あとがき

とりあえず、iPhone / iPad を買ったり初期化したときには、まずこの3つの設定を施しておくと良いです。こういうものは最初にやっておいたほうが後々のためにも良いのです。

まあ、でも、iPhone / iPad を買ってからもうずいぶんと経っているという方でも、この3つの設定をやっていないのなら今からでも遅くはないのでやっておくと良いと思います。

というわけで、今回は「iPhone / iPad を買ったらまず最初に必ずやっておいた方が良い3つの設定」の紹介でした。