▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

無印iPadにおすすめのエレコム製 Bluetooth キーボード!Smart Keyboard 以外の選択肢

iPadに超イチオシのエレコム製 Bluetooth キーボード!Smart Keyboard 以外の選択肢

ぼくは無印 iPad を利用しています。自分の用途を考えたときに無印の性能で十分だったからです。無印でお安く買えるぶん「128GB / セルラー」モデルにしています。

ぼくの iPad 用途には「文章をキーボードで入力すること」があります。

その iPad での文書入力の際にぼくが利用しているキーボードが、エレコム製の Bluetooth キーボード「TK-SLP01」です。

iPad 購入の際に、Apple 純正の Smart Keyboard を一緒に購入するか迷ったのですが、ぼくの iPad 利用方法にはそぐわなかったのでエレコム製キーボードを買いました。

今回の記事内容

今回は『Smart Keyboard 以外の選択肢として、使いやすくておすすめの Bluetooth キーボード「エレコム製 TK-SLP01」』を紹介します。

純正 Smart Keyboard では求める基準を満たせなかった

Apple 純正の Smart Keyboard は、たしかに純正だけあって格好良いのですが、ぼくが iPad のキーボードに求める重要な基準を満たしていませんでした。

以下、ぼくが iPad キーボードに求める基準です。

  • 日本語配列であること
  • Enter キーが大きいこと
  • iPad を縦置きにして入力できること
  • キーボードと iPad が簡単に分離できること
  • ある程度のキーピッチが確保できていること
  • キーボードに iPad を立てかけられるスタンドが付いていること
  • スペースキーの左右に「無変換(英数)/ 変換(かな)」キーがあること
  • ちゃんとしたメーカーであること(聞いたことのないメーカーではない)

「iPad を縦置きにして入力できるとこと」これがぼくにとってはかなりの最重要基準で、純正の Smart Keyboard では実現できないこと。

だってテキスト入力するときは、縦置きの方が表示領域が広くて効率が良いでしょ? 横置きだと、せっかくのタブレット端末のメリットが台無し。

そこで「これだっ!」って見つけた Bluetooth キーボードが、今回紹介するエレコム製の「TK-SLP01BK」です。

iPad 用キーボードに最適「エレコム製 TK-SLP01」

Bluetooth キーボード「エレコム製 TK-SLP01」

iPad 用キーボードに最適「エレコム製 TK-SLP01BK」01

ぼくの iPad 使用用途に現状最適だと思う Bluetooth キーボードはこちらのエレコム製「TK-SLP01BK」です。

かれこれ半年ほどこのキーボードを使用していますが、使い勝手が本当に良くて、出先でのテキスト入力には最高の相棒となっております。

エレコム製 TK-SLP01 の特徴

TK-SLP01 は、iPad とドッキングしないタイプのキーボードで、キーボード専用のカバーがタイピング時には iPad を立てかけるスタンドになります。

iPad 用キーボードに最適「エレコム製 TK-SLP01BK」02

ぼくの iPad 用途で一番頻度が高いものは「読書 & ネットサーフィン」です。

そのため、画面の蓋付きケースは邪魔以外のなにものでもありません。サッと気軽につかうには「蓋カバー」の存在は持ちづらいしストレスになります。

このエレコム製 TK-SLP01 は、キーボードとして独立した仕様になっているので、iPad の普段遣いを邪魔しません。

キーボードを使いたいときにだけ iPad を立て掛けます。

キー配列 82 キー(日本語配列)
キーピッチ 17.2mm
キーストローク 1.4mm
電源 充電式
microUSB
重量 約400g
(カバー含む)

TK-SLP01 の実機を写真と一緒に紹介します

キーボード付属のカバーがとても便利

TK-SLP01BK の実機を写真と一緒に紹介します01

カバーの材質に安っぽさはない

TK-SLP01 は、マグネット付きカバーが付属していています。カバーとキーボードは貼り付いていて分離することはできません。

このカバーがあるおかげで持ち運び時も気軽に鞄へ放り込めます。

カバーの質感は、よくある蓋付き iPad カバーと同じような材質。安っぽさはありません。

カバーに iPad は入らないのでそこだけ注意が必要です。TK-SLP01BK は「あくまでも独立した Bluetooth キーボード」なのです。

TK-SLP01BK の実機を写真と一緒に紹介します02

両端にマグネット

TK-SLP01BK の実機を写真と一緒に紹介します03

マグネット同士がくっつく

カバーはそのまま iPad を立てかけるスタンドになります。

カバーの両端にマグネットが装備されていて、左右のマグネットを合わせることで iPad を立てかけるスタンドになります。

TK-SLP01BK の実機を写真と一緒に紹介します04

iPad 縦置きも OK なスタンド

マグネットはそこそこ強力なので、10 インチタブレットでも問題なく安心して立てかけることができます。縦置きも OK なので本当に重宝します。素晴らしいです!

実際に TK-SLP01 に無印 iPad を立てかけた外観

TK-SLP01BK の実機を写真と一緒に紹介します05

外観(横置き)

10.2 インチの無印 iPad よりもほんの少しだけキーボードの方が幅が広いでしょうか。

iPad Air だとジャストサイズかもしれませんね。

TK-SLP01BK の実機を写真と一緒に紹介します06

側面(縦置き)

TK-SLP01BK の実機を写真と一緒に紹介します07

斜め後方(縦置き)

カバーを折り曲げて、両端のマグネット同士をくっつけることでタブレットスタンドになり、カバーに接着しているスタンドがタブレットの抑えになっています。

12.9 インチの iPad Pro の縦置きはできるかわかりませんが、10.2 / 10.5 インチの iPad であれば安定して縦置きすることができます。

TK-SLP01 キーボードの配列など

TK-SLP01BK の実機を写真と一緒に紹介します08

キー配列

TK-SLP01 は日本語配列です。記号なども使い慣れた配置です。

コンパクトなキーボードのわりにはキーピッチも広めで、パンタグラフ方式なのでストロークも悪くなく入力しやすいです。Enter キーが大きいのもポイント高いです。

TK-SLP01BK の実機を写真と一緒に紹介します09

無変換&変換キー

iPad のテキスト入力で日本語と英数を切り替えるには、スペースの左右にある「無変換 & 変換」キーを使います。Mac と同じ切り替え方式ですね。

無変換キー=英数入力に切り替え、変換=日本語ローマ字入力に切り替えです。

TK-SLP01 の重量

TK-SLP01BK の実機を写真と一緒に紹介します10

重量 406g

自前のキッチンスケールで TK-SLP01 の重量を計測したところ「406g」でした。これを重いととるか問題無いととるかは個人差があるでしょう。

無印 iPad と一緒に持ち運ぶと 900g 前後になるので、最軽量ノート PC と同じぐらいの重量になります。

ただ、ぼくの場合は今まで 1.3kg のノート PC をリュックに入れて持ち運んでいたので、それに比べれば断然軽くて快適です。

Smart Keyboard やその他既存品のように取り外しの手間が要らない独立タイプのキーボードという使い勝手を考えれば、自分の中では大変素晴らしいベストキーボードです。

いろいろなところへ持ち運んで愛用しています

実際にタイピングしている様子を撮影した動画を用意

実際に TK-SLP01BK でタイピングしている様子を撮影した動画を用意しました。

デスクトップ PC などのフルキーボードよりも幅は狭いので、その分はやはり入力しづらさはあります。

しかし、持ち運び用のモバイルキーボードの中ではわりと上位になる入力しやすさだと感じます。やはりある程度キーが大きい方が入力しやすいですよねっ!

バッテリーは本当によく保ちます

TK-SLP01BK バッテリーの保ち

TK-SLP01 のバッテリーは本当によく保ちます。「前にいつ充電したっけ?」って忘れるぐらいバッテリーがなくなりません。

ひとつだけ残念なとことは、充電ポートが microUSB なところでしょうか・・・

まあ、でも、これが毎日・2日に一度とか頻繁に充電するなら USB-C を渇望しますけど、半年間で数えるほどしか充電していないので別に不便は感じません。

TK-SLP01 は家電店だと結構お高い販売価格

家電店を3店舗ほど調査してみたところ、TK-SLP01 はどこも 6,000円台の価格で販売されていました。

Amazon や楽天市場などのネットショップからだと 3,000円~4,000円台で販売されていますので、そちらから購入する方がお得です。

あとがき

ぼくと同じように、

  • iPad は縦置きでテキスト入力したい
  • Bluetooth キーボードは使いたいときだけ利用
  • キーボードは普段独立していて欲しい
  • 日本語配列で Enter キーは大きいほうが良い
  • 持ち運びやすさと入力しやすさは両方大事

こんなことを iPad の Bluetooth キーボードに求めているなら、今回紹介したエレコム製「TK-SLP01」はベストマッチなモバイルキーボードだと思います。

Apple 純正 Smart Keyboard に比べて 1/4 程度の価格で購入できますし、一度お試しいただければと思います。