▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Windows 11 PC 内に「お知らせ・広告」が出ないようにする設定方法

windows 11 関連の記事

Windows 11 パソコンを導入したら初期設定としてやっておきたい設定のひとつに Microsoft からの「お知らせ / 広告・宣伝」が出てこないようにする設定があります。

パソコン作業に集中しているときに、突如として「ポーン」と Microsoft 365 の宣伝やおすすめのアプリなどの通知が出てきたり、いらないヒントを出してきたりと、集中力をぶったぎってきます。

わからないことがあれば、ネットや書籍などで調べればよいので、分かりづらいヒントなんて要らないし、広告や宣伝はもってのほか。

テレビじゃないんだから宣伝広告を出すなや・・・と思います。

今回の記事内容

今回は『Windows 11 PC 内に出る Microsoftからの「お知らせ・広告」を出ないようにする設定方法』を紹介します。

PC 内に出る「お知らせ・広告」を出ないようにする手順

  1. Windows 11 PC 内に出る「お知らせ・広告」を出ないようにする手順01
    タスクバーにあるスタートボタンをマウス「右ボタンクリック」します。出てきたメニュー内の「設定」を選択します。
  2. Windows 11 PC 内に出る「お知らせ・広告」を出ないようにする手順02
    設定のシステムが開きます。「通知」をクリックします。
  3. Windows 11 PC 内に出る「お知らせ・広告」を出ないようにする手順03
    一番下までスクロールすると「デバスの設定方法に関する提案」と「Windows 使用時にヒントと提案を表示する」のふたつのチェックボックスがあります。このふたつのチェックボックスのチェックを画像のように外してください。
  4. Windows 11 PC 内に出る「お知らせ・広告」を出ないようにする手順04
    続いて、左メニューの「プライバシーとセキュリティ」を選択して、右側の「全般」をクリックします。
  5. Windows 11 PC 内に出る「お知らせ・広告」を出ないようにする手順05
    「設定アプリでおすすめのコンテンツを表示する」のスイッチを「オフ」にします。

あとがき

これでパソコン作業中に「お知らせ / 広告・宣伝」が出てくることがなくなります。

PC 内に Microsoft からのヒントや宣伝が出てほしくないユーザーさんは、パソコンの初期設定の一環として本記事の設定をやっておくと良いです。

というわけで、今回は『Windows 11 PC 内に「お知らせ・広告」が出ないようにする設定方法』の紹介でした。