▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 プライバシー設定を見直して勝手に利用状況を送信されないようにしよう

Windows 11 プライバシー設定を見直して勝手に利用状況を送信されないようにしよう

Windows 11 パソコンを新たに購入した時、または初期化した時に必ず設定を見直さなければいけない箇所が「プライバシーとセキュリティ」項目です。

パソコン初期状態だと、あなたのパソコン利用状況などの情報を勝手に自動的に Microsoft へ送信する設定になっているからです。

もちろん個人情報を送信しているわけではなく、どんな風に利用しているかなどの「利用状況」を送信しているらしいのですが、それでも良い気分はしませんよね。

Windows 11 パソコンを導入したらプライバシーの設定はしっかりと見直しましょう。

今回の記事内容

今回は「Windows 11 プライバシー設定を見直して勝手に利用状況を送信されないようにしよう」という内容でお送りします。

最低限やっておいたほうが良いプライバシー設定見直し手順

①:「設定」を起動後「プライバシーとセキュリティ」を選択

  1. 「設定」を起動後「プライバシーとセキュリティ」を選択01
    タスクバーのスタードボタンをマウス「右ボタンクリック」してクイックメニューを表示させます。メニュー内の「設定」を選択します。
  2. 「設定」を起動後「プライバシーとセキュリティ」を選択02
    設定が起動したら、左メニューから「プライバシーとセキュリティ」を選択します。以後、このプライバシーとセキュリティ項目を起点に設定を行います。

②:全般の設定を見直す

  1. 全般の設定を見直す01
    「全般」をクリックします。
  2. 全般の設定を見直す02
    スイッチが4つあります。全てを「オフ」にしてください。パソコン作業中に不要な情報を表示させたり、利用状況を勝手に送信するような項目なので全てオフで問題ありません。

③:音声認識の見直し

  1. 音声認識の見直し01
    「音声認識」をクリックします。
  2. 音声認識の見直し02
    コルタナ機能を利用するなら「オン」にしてください。コルタナ機能を全く利用しないという場合は「オフ」にしてしまいましょう。

④:手書き入力と入力の個人用設定の見直し

  1. 手書き入力と入力の個人用設定の見直し01
    「手書き入力と入力の個人用設定の見直し」をクリックします。
  2. 手書き入力と入力の個人用設定の見直し02
    マウスやタッチパネルを使ってキーボードの代わりに手書きで文字入力をするための設定です。手書き文字を利用しない場合は「オフ」にしてしまいましょう。Microsoft IME やペンタブレットの動作にはまったく関係のない項目です。

⑤:診断とフィードバックの見直し

  1. 診断とフィードバックの見直し01
    「診断とフィードバック」をクリックします。
  2. 診断とフィードバックの見直し02
    Microsoft にあなたの利用状況をフィードバック送信する項目です。① を「オフ」② を「常にオフ」に設定して勝手に利用状況を送信しないようにしましょう。

⑥:アクティビティの履歴の見直し

  1. アクティビティの履歴の見直し01
    「アクティビティの履歴」をクリックします。
  2. アクティビティの履歴の見直し02
    アクティビティの履歴を保存しておくと、その保存された履歴の状況を Microsoft に自動で送信してしまうので「このデバイスでのアクティビティの履歴を保存する」のチェックを外しておきます。

⑦:アプリの診断の見直し

  1. アプリの診断の見直し01
    「アプリの診断」をクリックします。
  2. アプリの診断の見直し02
    アプリの利用状況を送信してしまうので、アプリ診断へのアクセスを「オフ」にしておきます。

あとがき

本記事では、利用状況を送信されたくないユーザーが最低限設定しておいたほうがよいプライバシーの設定見直しを紹介しています。

自分のパソコンの利用状況を勝手に送信されるのはあまり好ましくないと思うのが人情ですから、「嫌だ」「不快だ」と感じる方はぜひ設定を見直してみてください。

というわけで、今回は「Windows 11 プライバシー設定を見直して勝手に利用状況を送信されないようにしよう」という内容でお送りいたしました。