▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

ブログ記事のタイトルは何文字が良い?記事タイトルカウンターを作りました

ブロガーの皆さん、ライターの皆さん、記事のタイトルってどうやってつけていますか?タイトル作成って本当に難しいですよね・・・。

ぼくは今まで、Wordpress のタイトル欄へ直書きか、メモ帳に3つくらいの候補を立てて良さげなものをチョイスする方式をとっていました。

しかし、直書きは候補を立てられないし、メモ帳は文字数をカウントできないので、いちいち数えるのが面倒。

なんか良い方法はないかと思案の末、第3候補までタイトル作成できて、それぞれの候補ごとに文字数をカウントできるツールを簡単なツールを作りました。

今回の記事内容

今回は、記事タイトルは何文字がベストなのか?記事タイトルの下書きを簡単にできる「記事タイトルカウンター」を自作したので合わせて紹介します。

最近の記事タイトル文字数は PC 29文字 / モバイル50文字

PC 版の Google 検索結果のタイトル表示文字数

PC 版の Google 検索結果のタイトル文字数

PC 版ブラウザで、様々なクエリで Google 検索をしてみてチェックしたところ、最近の Google 検索結果に表示されるタイトルは「25文字~29文字」で表示されています。

50ほどのタイトルを文字数カウンターで計測してみましたが、29文字を超えるタイトルはありませんでした。少ないもので25文字でした。

29文字を超えてしまうタイトルは、30文字目から「…」で省略されます。

ここがポイント!

常にタイトルを29文字以内にしろということではありません。タイトルが 29文字以上になっても全く問題ありません。

 

特に PC からの読者が多い場合や、PC からの読者を狙っている記事では、記事で主張したいメインワードを29文字以内に入れるようにしたほうが良いということです。

モバイル版の Google 検索結果のタイトル表示文字数

モバイル版の Google 検索結果のタイトル表示文字数

モバイル版でも様々なクエリで Google 検索してみまました。検索結果のタイトル文字数は「最大で50文字ぐらい」ということがわかりました。

モバイルからのアクセスしかない…という場合はタイトルを「50文字以内」で作成すると良いのではないでしょうか。

ここがポイント!

少なくとも PC からのアクセスはある…という場合は、29文字に合わせてタイトルを作成するほうがアクセスを得るためにも具合が良いと思います。

記事タイトルの下書きができる「記事タイトルカウンター」

記事タイトルの下書きができる「記事タイトルカウンター」

記事タイトルの下書きに役立つ文字数カウント付きのツールを自作しました。

その名も「記事タイトルカウンター」です!!

簡単な作りですが、第1候補~第3候補までタイトルをテキストエリアに入力ができ、どれが良いか見比べながらタイトル作成できます。それぞれの候補ごとに独立して文字数をカウントしてくれます。

カウンターは、全角を1文字として、半角を0.5文字としてカウントします。

「かきくけこ」なら全角なので普通に5文字、「カキクケコサシスセソ」や「kakikukeko」なら半角なので10文字分だけど5文字といった具合。

記事タイトルの下書きができる「記事タイトルカウンター」02

また、指定の文字数(29文字)を超えると赤字で警告してくれます。

一応スマホなどのモバイル端末でも使えるようにフォーマットしています。

記事タイトルカウンターはこちらから利用できます

記事タイトルカウンターは、ブックマークして利用しやすいように単体の別ページにて公開してあります。

以下のボタンをクリック(タップ)すると記事タイトルカウンターページです。

ブックマークや Chrome アプリ化すると便利です

記事タイトルカウンターは、あらかじめブックマークしておいても便利ですが、Chrome をお使いの場合は、Chrome アプリ化しちゃうとフリーソフトみたいに使えて、超超ベンリになります!!

あとがき

最近では、読者に誤解されやすいような釣りタイトルや詐欺タイトルが横行していて、ちょこちょこ話題&問題になっていますよね。

「ユーザーに誤解されないようなタイトルをつける」。そして「ユーザーの失望を招くことは絶対にあってはならない」が大原則。

このツールを使えば、タイトルをしっかり練ることができると思います! ぼく自身もたまに使っています。

誰でも無料で使える「記事タイトルカウンター」よかったらご利用くださいね。