▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 スタートメニューの電源の隣に「設定」を表示させる方法

Windows 11 のスタートメニューには、初期状態だと「設定」へアクセスできるアイコンが表示されていません。

Windows 11 スタートメニューには設定が無い

Windows 10 では電源アイコンの隣に歯車アイコンで「設定」があったのに、Windows 11 では、このように電源アイコンだけで設定アイコンはありません。

Windows の設定へは PC システムの変更で何かとアクセスするので、スタートメニューの決まった場所にあって欲しいですよね。

特に電源アイコンの隣にあって欲しい!

今回の記事内容

今回は『Windows 11 スタートメニューの電源の隣に「設定」を表示させる方法』を紹介します。

Windows 11 スタートメニューに「設定」を表示させる手順

  1. Windows 11 スタートメニューに「設定」を表示させる手順01
    まず、デスクトップの何もない部分をマウス右クリックして、出てきたメニュー内の「個人用設定」をクリックします。
  2. Windows 11 スタートメニューに「設定」を表示させる手順02
    個人用設定の項目で「設定」が起動します。「スタート」を選択します。
  3. Windows 11 スタートメニューに「設定」を表示させる手順03
    「フォルダー」を選択します。
  4. Windows 11 スタートメニューに「設定」を表示させる手順04
    「設定」項目のスイッチがオフになっているので、スイッチを「オン」にします。
  5. Windows 11 スタートメニューに「設定」を表示させる手順05
    スタートメニューを確認すると、電源アイコンの隣に歯車アイコン「設定」が表示されるようになっています。

あとがき

やはり Windows の設定へのアクセスは「電源の隣」にあって欲しいですよね。

本記事の設定を手順通りに行えば「設定」アイコンが電源の隣に表示されるのようになるので、ぜひやってみてください。

本当に些細なことなのですが、たったこれだけのことで Windows 11 の使い勝手が向上します。