▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 の「メモ帳」のある場所とデスクトップへの出し方

Windows 11 の「メモ帳」のある場所とデスクトップやスタートメニューへの出し方

Windows パソコンを使っていれば、メモ帳を使うことってそこそこあると思います。便利なんですよねメモ帳。

Windows 11 にも変わらずにメモ帳は初期搭載させているのですが、Windows 10 とはメモ帳が安置されている場所が変更されています。

ユーザー

Windows 11 パソコンにしたんだけど、メモ帳ってどこにあるんだろう? Windows 10 であった場所に見当たらないんだよね・・・

本記事は「メモ帳が見つからない!どこにあるのだろう?」そんな疑問に応える記事。

今回の記事内容

今回は『Windows 11「メモ帳」の安置されている場所とデスクトップやスタートメニューへの出し方』を紹介します。

Windows 11 のメモ帳が安置されている場所はここです

Windows 10 では、スタートメニューのアプリ一覧内の Windows アクセサリの中にメモ帳は安置されていました。

しかし、Windows 11 では、Windows アクセサリ自体が無くなっているので、メモ帳は別の場所に移動して安置されています。

以下、Windows 11 のメモ帳が安置されている場所です。

  1. Windows 11 のメモ帳が安置されている場所01
    タスクバーの「スタートボタン」を押します。スタートメニューの右上にある「すべてのアプリ」ボタンを押します。
  2. Windows 11 のメモ帳が安置されている場所02
    すべてのアプリを下までスクロールして「ま 」項目に「メモ帳」があります。

メモ帳をスタートメニューに設置(ピン留め)する手順

  1. メモ帳をスタートメニューに設置(ピン留め)する手順01
    すべてのアプリにあるメモ帳にマウスカーソルを合わせて「右クリック」します。メニューが出るので「スタートにピン留めする」を選択します。
  2. メモ帳をスタートメニューに設置(ピン留め)する手順02
    スタートメニューに戻ります。「ピン留め済み」にマウスカーソルを合わせて下方へスクロールします。
  3. メモ帳をスタートメニューに設置(ピン留め)する手順03
    2列目のエリアにメモ帳がピン留めされています。メモ帳はよく使うアプリなので、2列目だと使い勝手が悪いです。1列目に移動させます。
  4. メモ帳をスタートメニューに設置(ピン留め)する手順04
    メモ帳をドラッグ&ドロップで上まで移動させます。上に移動させると「∧」が表示されて1列目に切り替わります。
  5. メモ帳をスタートメニューに設置(ピン留め)する手順05
    1列目に切り替わったら、メモ帳を使い勝手の良い位置に安置します。これでメモ帳のスタートメニューへの配置は完了です。

メモ帳のショートカットをデスクトップに設置する手順

  1. メモ帳のショートカットをデスクトップに設置する手順01
    すべてのアプリにあるメモ帳をドラッグ&ドロップでデスクトップまで移動させます。
  2. メモ帳のショートカットをデスクトップに設置する手順02
    マウスボタンを離すと、このようにデスクトップにメモ帳のショートカットアイコンが作成されます。

あとがき

Windows 11 メモ帳

Windows 11 でもメモ帳は初期搭載されていて、変わらず便利に活用できます。

ただ、Windows 10 と安置場所が変更されているので注意してくださいね。

というわけで、今回は『Windows 11「メモ帳」の安置されている場所とデスクトップやスタートメニューへの出し方』の紹介でしたっ!!