▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 10 使っていないキーをよく利用するショートカットに置き換えて作業効率を大幅アップする方法

キーボードでまったく使わないキーってありますよね?

例えば「無変換」や「変換」キーに「アプリケーションキー」など。

これらの普段全く使わない “死蔵キー” がよく使うキーボードショートカットキーになるとしたら、とても便利極まりないと思いませんか?

Windows には、パソコンのシステム設定をいじらないで、ソフトの機能だけでキーボードのキー効果を別の効果に変更できる便利なフリーソフトがあります。

キー変更が簡単にできるフリーソフト「X Button Maker」。

今回は・・・

  • Windows 10 使っていないキーをよく利用するショートカットに置き換えて作業効率を大幅アップする方法

をお送りします。

キーを別の効果に変更できる「X Button Maker」

X Button Maker

任意のキーボードのキー効果を別のキー効果へ簡単に変更することができる大変便利なフリーソフト「X Button Maker」。バッテンボタンメーカーと読みます。

X Button Maker で登録設定したキーの効果を変更することができて、単キーだけではなく、Ctrl と C などショートカットキーも登録することができます。

例えば、無変換のキーを「Ctrl + C」で登録すれば、無変換をおすだけでテキストやファイルのコピーができちゃうようになるのです。

ここがポイント!

X Button Maker でキー効果を変更をしても Windows のレジストリ(システム)を変更しているわけではありません。X Button Maker の機能だけでキー効果を変更しているだけなの、ソフト終了かアンイストールすれば、すぐデフォルト状態へ戻ります。

X Button Maker は Microsoft ストアから無料で入手可能

X Button Maker は Windows ストアから無料で入手可能

X Button Maker はもともとは窓の杜などからダウンロードするフリーソフトでしたが、Windows 10 がリリースされてからは、Microsoft ストアから無料でダウンロードできる Windows アプリになりました。

X Button Maker のインストール手順

  1. X Button Maker のインストール手順
    Microsoft Store を起動します。
  2. X Button Maker のインストール手順02
    検索バーに「X Button Maker」と入力すると出てきます。
  3. X Button Maker は Windows ストアから無料で入手可能
    あとは「インストール」ボタンを押せば、パソコンへインストールされます。
  4. X Button Maker インストール手順03
    インストールが完了すると「X」の項目にあります。

X Button Maker の使い方「死蔵キーを有効活用」

特に使われない死蔵キー

ここでは、せっかく良い位置にあるのに、使えないもったいない「無変換」と「変換」キーを、便利なショートカットに変更する体で X Button Maker の使い方を紹介します。

  1. X Button Maker の使い方01
    まずは X Button Maker を起動します。「変更したいキーまたはマウスジェスチャーの登録」ボタンを押します。
  2. X Button Maker の使い方02
    まずは無変換キーの効果変更を設定してみます。キーにチェックが付いている状態で「無変換」キーを押します。すると無変換と表示されます。確認したら「次へ」ボタン。
  3. X Button Maker の使い方03
    続いて、無変換キーをどういった効果に変更するか?です。無変換をコピーのショートカットに変更したいので、直接入力にチェックが入っているのを確認して「Ctrl + C」を押します。Ctrl + C と表示されたら「次へ」ボタン。
  4. X Button Maker の使い方04
    「無変換キーを Ctrl + C」に変更することが表示されています。確認できたら「完了」ボタンを押します。
  5. X Button Maker の使い方05
    キーの変更が登録されました。この X Button Maker 管理画面を閉じたら変更したキーでの利用が開始されます。
  6. X Button Maker の使い方06
    「2」~「4」の要領で「変換」キーを貼り付けのショートカットキー「Ctrl + V」に設定しました。キー変更の一覧にそれも表示されています。
  7. すべてキー変更が出来たら「OK」ボタンを押して管理画面を閉じます。
ここがポイント!

無変換キーをコピー(Ctrl + C)に、変換キーを貼り付け(Ctrl + V)に差し替えるだけで、パソコン作業がめちゃくちゃ高速化&効率化します。流れるような動作でコピペができるんですから「便利の極み」といっても過言ではありませんっ!

X Button Maker はそのアプリ専用のキー効果変更も可能

X Button Maker はそのアプリ専用のキー効果変更も可能

X Button Maker は、すべてのパソコン動作に対応したキー効果変更の他に、ひとつのアプリケーション(ソフト)に限定したキー効果変更も登録することが可能です。

無料版は、9アプリケーションまで設定することが可能です。

では、アプリケーションごとのキー効果変更の登録方法の紹介です。

  1. アプリケーションごとのキー効果変更の登録方法の紹介02
    X Button Maker を起動して「アプリケーション毎の定義の追加」ボタンを押します。
  2. アプリケーションごとのキー効果変更の登録方法の紹介01
    専用のキー効果変更を登録したいアプリケーションを開いて、そのアプリ内のどでもよいのでクリックすると、X Button Maker 管理画面の「取得した文字列」に、そのアプリの実行ファイル名が表示されます(ここでは Chrome.exe)。実行ファイル名が適切に表示されていたら「OK」ボタンを押します。
  3. アプリケーションごとのキー効果変更の登録方法の紹介03
    設定した実行ファイル名(ここでは Chrome.exe)が表示されている状態で、「変更したいキー又はマウスジェスチャーの登録」ボタンを押して、キー登録をします。
  4. アプリケーションごとのキー効果変更の登録方法の紹介04
    ここでは、F2 キーを押したら「Ctrl + U」になるように登録しました。この F2 キーを押したら Ctrl +U になる効果は、Chrome でのみ適応され、他のパソコン作業では無効になります。超便利ですよねっ!
ここがポイント!

ここでは、Chrome に対して専用のキー効果変更を登録しましたが、他にも様々なアプリケーションに専用キーを設定することが可能です。ぼくは Adobe アプリなどで専用キーを設定して便利に利用しています。

X Button Maker は PC 起動と共に一緒に自動起動します

X Button Maker は PC 起動と共に一緒に自動起動します

X Button Maker は PC が起動したら一緒に自動起動します。

起動した X Button Maker は、隠れたインジケーター内にあります。

X Button Maker アイコン

隠れたインジケーター内の X Button Maker アイコンを右クリックすると、メニューが出てきます。「キーアサインの設定」を選択すると、キー効果変更をする管理画面が起動します。「終了」をおすと X Button Maker が閉じて、キー設定がデフォルトに戻ります。

あとがき

レジストリを変更しない安全なキー効果変更フリーソフト「X Button Maker」。めちゃくちゃ便利です。

もうかれこれ10年以上お世話になっている超神なフリーソフトです。ぼくの中では、無変換と変換キーはもうコピー&ペーストになってしまっていて無意識に押しちゃいます。

多くのユーザーが使わないであろうキーから、自分はまず使わないキーまで、Windows には死蔵キーが結構あります。

その使われないキーをよく使うショートカットキーに変更するだけで、おそろしいほどのパソコン作業効率化が可能なので、ぜひぜひぜひお試しください。

X Button Maker やべぇっすよっ!!