▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Microsoft EdgeをChromium版から以前のEdgeに戻す手順(Edgeダウングレード)

Microsoft EdgeをChromium版から以前のEdgeに戻す手順(Edgeダウングレード)

2020年5月から Windows アップデートや Edge 本体より Edge Chromium 版へ強制アップグレードされるようになりました。

流石にこれはちょっと『横暴すぎる!許されることではない!!』と憤慨されているユーザーさん多いと思います。

Microsoft Edge Chromium版配布ページ

Chromium 版配布ページ

この Edge Chromium 版をインストールしてしまうと、アップグレード扱いになるので、当然 今まで使っていたバージョンの Edge はパソコンから無くなってしまいます。

もし、Edge Chromium 版をインストールしてしまい、使い勝手に不便を感じる場合は、本記事内容の手順から旧来の Edge へダウングレードすることが可能です。

今回は「Microsoft EdgeをChromium版から以前のEdgeに戻す手順(Edgeダウングレード)」を紹介します。

Edge Chromium 版から以前の Edge へ戻す手順

手動でアップグレードした場合は簡単にアンインストールできます

対象:公式配布ページから手動で Edge Chromium にした場合

自分で公式ページから Edge Chromium のインストーラーをダウンロードしてパソコンへインストールした場合は、アプリのアンインストールから削除できます。

手順は以下。

  1. Edge Chromium 版から以前の Edge へ戻す手順01
    Windows の設定を起動して「アプリ」を選択します。
  2. Edge Chromium 版から以前の Edge へ戻す手順02
    アプリと機能が表示されるので、スクロールして「Microsoft Edge」を探します。Edge はChromium 版のアイコンです。見つけたら Microsoft Edge をクリックします。
  3. Edge Chromium 版から以前の Edge へ戻す手順03
    クリックしたら出てくる「アンインストール」ボタンを押します。
  4. Edge Chromium 版から以前の Edge へ戻す手順04
    もう一度アンインストールするか聞いてくるので「アンインストール」ボタンを押します。
  5. Edge Chromium 版から以前の Edge へ戻す手順05
    かなりしつこいですが、3度アンインストールしてもよいか聞いてくるので「アンインストール」ボタンを押します。
  6. Edge Chromium 版のアンインストールが終わるまで待ちます。数秒で終わります。
  7. Edge Chromium 版から以前の Edge へ戻す手順06
    アプリと機能のインストールアプリ一覧の Edge アイコンは前のバージョンのアイコンに戻っているはずです。
  8. Edge Chromium 版から以前の Edge へ戻す手順07
    デスクトップなどに出している Edge のショートカットアイコンも前のバージョンのものへと戻っているはずです。

Windows アップデートで強制更新された場合はこの手順

対象:Windows Update や Edge から強制的に Chromium にされた場合

Windows アップデートや Edge の更新から Edge Chromium へアップグレードされた場合は、アプリのアンインストールはグレーアウトしてしまっているので、こちらの方法からのダウングレードを行わなければなりません。

こちらの手順は少々難しと感じるかもしれませんが、どうしても前の Edge に戻したいという情熱があるなら ぜひ頑張ってみてくださいっ!

手順は以下。

まず、現在の Edge Chromium バージョンを調べます

  1. エクスプローラーのアドレスバー
    エクスプローラーを開き「C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application」をコピーしてアドレスバーに貼り付けて Enter キーを押します。
  2. Edge Chromium のバージョン確認
    ぼくの Edge Chromium のバージョンは「84.0.522.44」だということがわかりました。フォルダはとりあえず閉じずにこのままにしておきます。

コマンドラインから Edge Chromium をダウングレードする

  1. Windows 10 検索バー
    タスクバーにある検索バーに「cmd」と入力します。
  2. Windows 10 検索バーでコマンドプロンプトを検索
    検索結果に「コマンドプロンプト」が表示されるので、それを右クリックします。出てきたメニューの「管理者として実行」を選択します。「はい」ボタンでコマンドプロンプトを起動します。
  3. Windows 10 コマンドプロンプト
    コマンドプロンプトが起動しました。コマンドプロンプトに「4」のアンインストール用コードをコピーして貼り付けます。
  4. 84.0.522.44 の部分は、先程調べたご自分の Edge Chromium のバージョンに差し替えてください。一旦メモ帳にコードを貼り付けて、バージョンを差し替えてから、コピーし直してコマンドプロンプトへ貼り付けると良いです。

  5. コマンドプロンプトへ Edge Chromium アンインストルコードを貼り付ける
    アンインストール用コードを貼り付けるとこんな感じです。コードを貼り付けたら Enter キーを押します。
  6. 数秒するとアンインストールが完了します。

Edge Chromium アンインストール前は、

Edge Chromium のアイコン

当然 Edge Chromium  のアイコンでしたが・・・

Edge のアイコン

このアンインストール用のコードでばっちり Edge Chromium が削除されて、旧来の Edge アイコンへ戻りました。

Edge のバージョン確認

実際に Edge を起動してバージョン確認をしてみると、バージョン「44」の旧 Edge に戻っていることが確認できます。

Edge お気に入りをサイドバーに固定

旧 Edge に戻れば、Edge Chromium で出来なくなった、お気に入りを画面の右サイドへ固定することもまた出来るようになるわけですね!

ここがポイント!

ぼく自身が、この記事を書くために実際に Edge Chromium のアンインストールをこの手順で試して、無事にアンインストール出来たことを確認しました。

あとがき

Edge Chromium 版は、以前の Edge と使い方がガラッと変わってしまい、もうほとんど Chrome のコピー版と言っても過言ではないぐらいです。

横暴にも Microsoft Edge を Chromium 版へ変更させられてしまっても、今回紹介の手順で以前のバージョンの Edge へ簡単に戻すことは一応可能です。

どうしても旧 Edge が良いというユーザーさんは、ぜひチャレンジしてみてください。

というわけで、今回は「Microsoft EdgeをChromium版から以前のEdgeに戻す手順(Edgeダウングレード)」を紹介でした。