軽くて便利なコードエディタ「Visual Studio Code」の日本語化手順を紹介します

About Visual Studio Code

Visual Studio Code とは、Microsoft 開発のソースコードエディタで、Adobe の Brackets や Dreamweaver みたいなコードを編集するためのアプリケーションです。

フリーソフトなので、誰でもダウンロードしてインストールすれば使える Microsoft 版 Brackets みたいな立ち位置ですかね。

ぼくは使い始めて1年半ほどなのですが、Visual Studio Code は「軽い・かゆいところに手が届く・Dreamweaver に実は一番近いかも」と、日々かなり好んで使用しています。

そんな Visual Studio Code はインストールしたばかりのデフォルト状態だと言語がすべて英語なので日本語化しなければなりません。

今回は「便利なコードエディタ「Visual Studio Code」の日本語化手順」を紹介します。

Visual Studio Code とは(簡単な紹介)

Visual Studio Code は Dreamweaverにかなり近い

冒頭でもちょっと紹介した通り、Visual Studio Code は Microsoft が開発したフリーのソースコードエディタです。2015年にリリースされたんだっけな?

Brackets だと出てこない CSS コードヒントなどが Visual Studio Code ではしっかり出してくれたり、より感覚的にウィンドウをいじることができたりと、Brackets よりも Dreamweaver 感がありつつ更に便利に発展させた感があるエディタだと思います。

拡張機能も豊富で、様々な便利機能を付与することができ、何よりも軽い! スパンと起動して、キビキビ動く!! 

Microsoft 製ですが、Mac OS でもバッチリ利用できます!

Visual Studio Code はファイルをドラッグ移動するだけで簡単に上下左右分割できます。

Visual Studio Code を日本語化する手順

  1. 軽くて便利なコードエディタ「Visual Studio Code」の日本語化手順を紹介します
    Visual Studio Code をインストールして初めて起動すると全て英語表記です。拡張機能を使って日本語表記に変更しますので、左にある拡張機能アイコンをクリックします。
  2. 軽くて便利なコードエディタ「Visual Studio Code」の日本語化手順を紹介します
    検索フォームに「japanese」と入力すると一番上に「Japanese Language Pack for Visual Studic」という拡張機能名が表示されます。緑の「Install」ボタンを押します。
  3. 拡張機能のインストールが終わったら Visual Studio Code を一度閉じて再起動します。
  4. 軽くて便利なコードエディタ「Visual Studio Code」の日本語化手順を紹介します
    Visual Studio Code が起動すると日本語化されています。拡張機能をチェックすると「Japanese Language Pack for Visual Studic」が有効化されています。
  5. これで Visual Studio Code の日本語化は完了です! あとはコードを書きまくるべし!!

あとがき

今回は、個人的に Brackets よりも使いやすいかな~と日々思っているコードエディタ Visual Studio Code の日本語化手順を紹介しました。

Windows でも Mac でも関係なく使える軽くて便利なコードエディタなので、ぜひ Visual Studio Code 使ってみてくださいねっ!!