ドローン DJI SPARK プロペラの取り外し方(交換方法)を紹介します

ドローン DJI SPARK プロペラの取り外し方(交換方法)を紹介します

先日、ドローン「DJI SPARK」を低空飛行させて旋回練習をしていたところ、誤って木壁へ激突させてしまいました。

その際、プロペラ2枚に亀裂が走ってしまい「空を飛ばすものだし、折れていなくてもこれは危険だろうな」と判断してプロペラを交換することにしました。

今回は「ドローン DJI SPARK プロペラの取り外し方(交換方法)」を実際にやってみた写真と動画を交えて詳しく紹介したいと思います。

スパークの羽に亀裂がはいっちゃいました

スパークの羽に亀裂

先日のクラッシュの際に、こんな感じでプロペラ羽に亀裂が入ってしまいました。傷じゃなくて完全に割れちゃってます。

クラッシュ後に再び飛ばすことは出来たのですが、やっぱり空を飛ばすものなので交換することにしました。

DJI Spark Fly More コンボ を買っていたので予備があった

ぼくは「DJI Spark Fly More コンボ」で購入していたので、予備のプロペラがすでにあって、すぐに交換作業に入ることができました。

DJI SPARK のプロペラ羽の交換方法

プロペラ交換前に注意点があります

スパークのプロペラは白い丸が付いているものと何も付いていないものがあります。印の有無で取り外すときの羽を回す方向が違うので注意が必要です。

羽を回す方向は、このように南京錠のマークと回す方向の矢印で表記されているで、しっかり確認してから回すようにしましょう。

プロペラ交換方法は動画で紹介します

プロペラ交換方法は、細かい動作があったので動画で紹介することにしました。

プロペラ予備を再購入しました

プロペラ予備が手元にないのはおっかないので、再度 Amazon にて正規品の予備プロペラを購入致しました。備えあれば憂い無しですっ!

あとがき

本記事が、ぼくと同じようにスパークのプロペラを破損してしまい「どうやって取り外すんだ?」となっている方の参考になれば幸いです。

というわけで、今回は「ドローン DJI SPARK プロペラの取り外し方(交換方法)」を動画と写真を交えて紹介しました。