Windows 10 で OS をまるごとバックアップする方法

About Windows 10

システムイメージの作成とは

システムイメージは、現在のパソコンの環境をまるまるバックアップすることができます。ドライブC にあるインストールしているアプリから、アイコンの配置までそっくりそのままクローンを作成するといってもよいでしょう。

しかし、別のPCで使うことはできません。そのPCでのみ復元することができます。また、HDDからSSDに変更するときなどには利用できます。

OSバックアップの手順

システムイメージを作成するために、まずはPCのUSBポートに外付けHDDを挿しておきましょう。(中の他のデータは消えることはありませんが、できるだけバックアップ専用HDDを用意したほうが良いです)

win10bp02

1.コントロールパネルから「バックアップと復元(Windows7)」を選択します。コントロールパネルはスタートボタンを右クリックするとあります。

win10bp03

2.左メニューの「システムイメージの作成」を選択します。

win10bp04

3.バックアップ先を設定します。USBポートに挿さっているバックアップ用の外付けHDDが選択されていることを確認して「次へ」。

win10bp05

4.どのドライブをバックアップするかを聞いてくるので、OSの入っているドライブを選択します。ほとんどの場合はボリュームCのはずです。「次へ」。

win10bp06

5.間違えがなければ「バックアップの開始」を選択します。これで数十分~2時間くらいでしょうか待ちます。バックアップするデータの大きさによって待ち時間は変わってきます。

6.無事にバックアップが終えた表示がでれば完了です。閉じる前に「システム修復ディスクを作成しますか?」と聞いてくるのですが、先に作っていますから「いいえ」でOKです。お疲れ様でした。

バックアップしたものを復元しよう

以下の本ブログ別記事にて復元方法を詳しく解説しています。戻す際にの参考にどうぞ。

Windows 10 システム修復ディスクWindows 10 システムイメージからの復元(戻す)方法を徹底解説
以前当ブログで「Windows 10 を OS を含めて現在の状態を丸ごとバックアップする方法」を掲載したのですが、そのバックアップを使って復...

まとめ

今回の方法は、例えばウィルスにPCが侵されてどうしようもなくなった時や、OSに不具合がでてしまったときなど・・・OSまるごとバックアップですから、すぐに正常だった状態に復元することができます。

または、新しいHDDに換えた場合やHDDからSSDに移行するケースなどにも利用できます。Microsoft純正の機能なので特に拒絶反応もありませんから安心して利用できるのも良いですね!

あ、システム修復ディスクやUSBメモリは大切に保管してくださいね。無くすと復元できなくなりますからあしからず。