スマートフォンの定義 – iPhoneってスマートフォンなの?Androidってなに?

ついこの間、飲み屋から聞こえてきた男女の会話・・・

男性

お?なになに、それ新しいスマホ?

はぁ? スマホじゃなくて iPhone だしーぃ。そんなのも知らないの~(笑)

女性

合コンだったのでしょうかね、男性は頑張って女性の真新しいアイテムにいち早く気付き反応したつもりが・・・なんか男性がかわいそう・・・

今回はぼくなりに調べた「スマートフォンの定義-iPhoneってスマートフォンなの?Androidってなに?」についてブログしてみたいと思います。

スマートフォンの定義

スマホは何つかってるの?と聞くと

ぼくの周辺でも「スマホは何使ってるの?」と問うと「スマホじゃなくて iPhone なんだけどね」と答える知人は実際におります。

では、iPhone はスマートフォンではないのでしょうか?

そもそもスマートフォンとは?

定義は世界各地で違うようですが、日本の場合は総務省が「スマートフォンとはなんですか?」という質問に対しこのように表現しています。

スマートフォンとは、従来の携帯電話に比べてパソコンに近い性質を持った情報機器です。

スマートフォンは、パソコンと同じようにスマートフォン端末個々で「OS(オペレーティングシステム)・CPU(中央演算装置)・RAM(主記憶装置)」を搭載しています。

正にコンピューターなのです。

というようなことを踏まえると・・・

iPhoneも間違いなくスマートフォンですよね!

ただ、iPhone のメーカーである Apple 社は公式の発表の場では絶対にスマートフォンとは表現せず、必ず「iPhone」と表現します。Apple のプライドなのでしょうかね?

結局iPhoneはスマートフォンなの?

冒頭の男女の会話ですが「むしろ男性は間違っていません」。

iPhone もスマートフォンの定義の中に含まれるのですから、iPhone に対して「スマホ?」と聞くことは間違いではありません。正しいのです。

スマートフォンの分類上の OS

Androidってなに?iOS ってなに?

Android 利用者は、「Android という言葉」をわりと多くの方が知っていると思うのですが、iPhone 利用者は「iOS という言葉」を知らない方が多いです(少なくともぼくの周辺では)。

Android や iOS は OS(オペレーティングシステム)の種類のことで、パソコンでいえば「Windows 10 や OS X Yosemite」などと同じものです。

OS を直訳すると「案内システム」で、コンピューターをみんなが使えるようにサポートしてくれている重要なものなのです。

●Google の Android OS
●Apple の iOS

と覚えるのが簡単です。

スマートフォンの中の・・・

ここがポイント!

まず、スマートフォンという分類があり、その下に Android OS や iOS というように OS の種類で分類されるのが正しいのです。

マグロもイワシもメダカも魚でしょ?「マグロはマグロであって魚じゃないよ」っていう変な人はいないと思います。それと同じこと。

日本という国は

日本という国はおかしなもので、ある意味「民主主義」ではなく、「多数派至上主義的の国」です。多数人が正しければそれは正しいという摩訶不思議な風潮があり、冒頭の男性のように多数派の意思に乗っかっていない発言は間違っているとみなされてしまいます。

それが本当に正しいことなのにもかかわらず「少数人は間違っている」という感じになることも往々にしてあったりします(同調圧力)。

販売メーカーやメディアも多数派の表現に乗っかって宣伝活動を行うので、本当は間違っているのにいつのまにか正規表現っぽくなっていったりするものも多いですよね。

例えば、docomo の機種情報では、「iOS 端末と Android OS 端末」で区分するべきなのに、なぜか「iPhone とスマートフォン」で区分しています。

このように大手が率先して誤解を招くようなおかしい表現をしているんですよね。そりゃみんな勘違いしちゃうわけです。

あとがき

いちおう、定義としては「iPhone も Android 端末もスマートフォン」ですから「私が使っているのはスマートフォンじゃなくて iPhone」という表現をするのは適切ではありません。冒頭のくだりに正否をつけるならば「男性が正しい!」ということになります。

あえて言おう! iPhone もスマートフォンであるとっ!!

というわけで今回は「スマートフォンの定義 – iPhone ってスマートフォンなの? Android ってなに?」をお送りいたしました。