▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

iPhoneで子どもが勝手にゲームなどのアプリで課金しないように制限する方法

iPhone についての記事

最近では子どもにスマートフォンを与えるのもわりと珍しいことではなくなってきました。しかし、子どもが親に黙って勝手に有料アプリの購入、ゲームやLINEなどで際限のない課金をして、どエライ金額を請求されるトラブルも頻発しているらしいですね。

幼児・児童くらいの年齢だとお金の価値はわかりませんから、親のスマホをいじっている際に好きなゲームの課金をしてしまうのにもちゅうちょはありませんよね。

iPhone や iPad などの iOS 端末には、子どもが勝手に課金することができないようにロックをかける機能があります。

今回の記事内容

今回は「iPhoneで子どもが勝手にゲームなどのアプリで課金しないように制限する方法」を紹介します。

App 内課金ができないようにロックをかける設定方法

  1. App 内課金ができないようにロックをかける設定方法01
    まずは iPhoneの「設定」をタップして起動します。
  2. App 内課金ができないようにロックをかける設定方法02
    少しスクロールしたところにある「スクリーンタイム」をタップします。
  3. App 内課金ができないようにロックをかける設定方法03
    「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。
  4. App 内課金ができないようにロックをかける設定方法04
    「iTunes および App Store での購入」をタップします。
  5. App 内課金ができないようにロックをかける設定方法05
    「App 内課金」をタップします(デフォルトだと「許可」になっています)。
  6. App 内課金ができないようにロックをかける設定方法06
    「許可しない」をタップしてひとつ前に戻ります。
  7. App 内課金ができないようにロックをかける設定方法07
    App 内課金が「許可しない」に変更されました。これで App Store 関連の課金は全てロックされてできなくなりました。さらにパスワードを要求項目を「常に許可」に設定しておくと鉄壁です。

あとがき

まだまだ自活していない小さいお子さんにスマートフォンをさわらせるなら、ぜひぜひ本設定を行いスマートフォンで課金ができないようにすると良いかと思います。

いつ親の目を盗んでアプリの課金をしてしまうかわからないのが子どもですもの。

App 課金をロックして、課金をどうしてもしたいときには「両親に相談する」取り決めをしておけば無用なトラブルや無駄遣いは防げるはずです。

というわけで今回は「iPhoneで子どもが勝手にゲームなどのアプリで課金しないように制限する方法」をお送りしました。

Android端末で課金ができないようにロックする方法はこちら

 

全国対応で、壊れたiPhone買取専門店【ジャンク品iPhone買取ストア】。電源が入らない、ガラス破損などで眠ったままの iPhone を現金化できます。

 

宅配買取では「送る前に店頭買取や出張買取も事前査定で実際の買取金額がわかる」ので安心です。

 

ジャンク品 iPhone 買取ストア