Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

Yahooメールの素晴らしき機能 – セーフティーアドレスを使おう!

Yahooメールの素晴らしき機能 – セーフティーアドレスを使おう!

Sponsor link

   
 インターネット

   
 インターネット

midashi-yahoo

日本人にはかかせない Yahoo Japan ですが、その中のサービス「Yahooメール」。スマートフォンの普及やCMなどの影響でG-mailがかなりの普及率をみせていますが、まだまだYahooメールのシェアだって捨てたもんじゃないはず。

実はこのYahooメールには超ステキ機能「セーフティーアドレス」というものがあります。Yahooは検索だけじゃなくメール機能でもとても使いやすい配慮がされているんです。

今回はそんなYahooメールの便利機能「セーフティーアドレス」についてブログしたいと思います

Sponsor link
Sponsor link

セーフティーアドレスとは?

 簡単にいうと、ひとつのYahooメールアカウントで最大10個のメールアドレス(サブメールアドレス)が作れる機能です。

例:手持ちのYahooメールアドレスが「hogehoge@yahoo.co.jp」だとします。日頃このメールアドレスを使って友人とのやり取り、ネットショップの通知、その他登録・・・など幅広く使用しています。しかし、どこからこのメールアドレスが流出したのか日々届く迷惑メールの数々、ショップからの通知、友人からのメッセージ・・・なんだかやんなっちゃいますよね!

そこでメールを取得したら即設定していただきたいのがこのセーフティアドレスなんです!

前述したとおり、同じYahooメールアカウント内に複数の用途別アドレスを作ることができます。

例:メインである hogehoge@yahoo.co.jp のアドレスは本当に気のおける、家族・友人・恋人だけとやり取りするために使います。流出の心配はほとんどないので迷惑メールも無く安心して利用できます。

そして・・・

ネットショップでは、superhoge-shopping@yahoo.co.jp のような感じで、同じメールID内にショップ用のセーフティアドレスを作ってそこで運用します。

無料会員でも、最大10個までこのようなセーフティーアドレスを作成できます。

幅広い用途に使えると思いませんか?

沢山のメールアドレスを取得しないでひとつのYahooメールアカウントでこれだけのことができるのはとても便利です。

セーフティアドレスを利用するメリット

  1. ひとつのYahooアカウントにログインすれば、作成したセーフティアドレスの全てをそこで確認できるので便利。
  2. セーフティアドレスはYahooメールの Android や iOS アプリからも一元管理できます。したがって、スマートフォンからでもひとつのYahooアカウントですぐに確認できる。
  3. サービス登録をセーフティアドレスにすることによって、メインのメールアドレスは当然登録には利用しませんから迷惑メールの類がほとんど来ない。
  4. 不都合があれば、セーフティアドレスを削除すれば良い。セーフティアドレスを削除しても、大元のYahooアカウントはそのままなので、これほど便利なことはない。
  5. 同じソーシャルサービスやオンラインゲームにて複数アカウント作りたいときに便利。登録アカウントごとにメールアドレスが必要ですが、セーフティアドレスを利用するので、いちいち2つのメールサービスにログインしなくて済み、ひとつのYahooアカウントで全てをまかなえる。
  6. Gmail でも同じように複数メールアドレスを作れますが、日本では Gmail が弾頭してくる前から Yahooメールをすでに使っているユーザーが多く、Yahooメールのセーフティアドレスのほうが使い勝手の面でも重要があるのでは?

作る前の下準備

まずは、Yahooメールにログインします。通常版の画面も然程やり方はかわりません。セーフティアドレスをつくるまえに、作ったセーフティアドレスを振り分けるフォルダを作りましょう。

ym01

何もいじっていない方ならば「個人フォルダ」には何もありません。

振り分けフォルダは個人フォルダ右の「+」をクリックすると作成でき、上画像のように用途別に任意の名前をつけましょう。

ぼくはネットショップ系を「Shop」、ソフトウェアなどの登録用を「ネット登録」、いろいろリスクがある場面で気兼ねなく使える「捨てアドレス」などのフォルダを作り、それぞれのフォルダに対して個別にセーフティアドレスを設定しています。

このフォルダ作成項目は、後でセーフティアドレスを作成する際にも行えるのですが、予め必要なフォルダを最初にまとめて作っておけば楽ですし、何よりも間違いがありません。

まずは、核となるベースネームを設定します

ym02

フォルダの準備ができたら画面の右上にある「設定・その他→メール設定」の順にクリックします。

ym03

画面が切り替わったらサイドバーの「セーフティーアドレス」をクリックします。

一度もセーフティーアドレスを作ったことがなければ、「ベースネーム(アドレス)」を作って下さいという項目になります。

このベースネームは一度作ったら変更できず、できるのは「削除」だけです。慎重に作成してください。メインのメールアドレスとは関係ない表記にするのがオススメです。

ベースネームの設定が完了すると、いよいよセーフティーアドレスの追加作業です。

Ads by - Admax

セーフティーアドレスの作成

セーフティーアドレスの仕組みは以下のとおりです。

(ベースネーム)-(振り分けアドレス)@yahoo.co.jp

  1. 「+追加」をクリックすると「新規追加」があらわれます。
  2. キーワードの設定空欄に好きなワードを設定します。この場合「shop」と入力
  3. 配信先フォルダを、先ほど準備で作ったフォルダにします。この例画像の場合「shop」です。色分けもしたいなら「配色」もチェックしてください。
  4. 「From欄の名前」は “このセーフティメールアドレスで送信されたメールに表示されるあなたの名前” です。例えばこのメールはハンドルネームに設定する。みたいにメールごとに差出人名を別々に設定することができます。

以上でメールアドレスがひとつ増えました。最後の送信設定になぜチェックを入れるかは以下の注意点とまとめで説明します。

まとめ

何かわからないことがあれば、お問い合わせに質問くだされば、わかる範囲で返事させてもらいます!また、Yahooメールの様々なリンクを下記に添付しておきます。

YahooメールのPR広告が邪魔な場合は・・・

Yahooメールの右側に出る邪魔なPR広告を消すにはどうしたら良い?
皆さんYahooメール使っていますか?ぼくは結構ヘビーユーザーで、Yahooメール利用歴も、もう17年といったところでしょうか。数年前から利用できるようになった、ひとつのアカウントで複数のメールアドレスがもてるセ…

LINE登録時のメールアドレスでセーフティアドレスは使用できますか?

という質問をいただいたので追記いたします。

結論から「使用できます」。

セーフティアドレスはそれひとつひとつが独立した存在のメールアドレスになりますので、普通のメールと同じ感覚で登録等にご利用になれます。安全上でも優れていますから、是非ガンガン利用しちゃってください。

というわけで、今回はYahooメールのセーフティアドレス機能についてブログしました。かなり便利なのでこれからのネットライフを安全に快適に過ごすための参考になればと思います。ノシ